スポンサーリンク

背中やデコルテにできるニキビと顔ニキビの原因の違い

顔や体にできるニキビはいつだって女性の悩みの種です。

そして顔や体にできるニキビは同じように見えますが、実は異なる原因を持っているために同じようなケアをしていても思うように改善しないということがわかっているのです。

では、一体どのような違いがあるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




背中やデコルテは皮脂により毛穴が詰まりやすい

背中、ニキビ、原因

そもそもニキビはホルモンバランスの乱れなどで皮脂が過剰に分泌されたり、毛穴に汚れが溜まることで雑菌が繁殖し炎症を起こしてできることがほとんどです。

そして顔の場合は常に表に出ている状態のため、ケアがしやすいというメリットがあります。

しかし背中やデコルテは洋服に覆われていることがほとんどで、汗をかきやすく、ケアをしにくいため皮脂や汚れもたまりやすくなるのです。

摩擦を受けやすい

背中美人、夏、水着

同じく背中やデコルテは常に洋服や下着と接しているため、顔に比べて常に摩擦を受けている状態にあります。

そのため、洋服の生地が肌に合わなかったり、下着がきつすぎると肌はダメージによる刺激を受け、乾燥から過剰な皮脂分泌を引き起こしてしまいニキビの原因につながることもあります。

マラセチア菌の繁殖によるもの

デコルテ、ニキビ

背中やデコルテの原因には、マラセチア菌の繁殖が大きく影響しています。マラセチア菌はニキビの炎症やかゆみを引き起こし、さらにニキビ内の皮脂を餌にどんどん増殖していってしまうのです。

オイリー肌の方は特に症状が夏場に悪化しやすいので注意が必要です。

背中やデコルテニキビの対策はどうすればいいの?

このように顔と背中、デコルテニキビは原因からして大きく違いが生じています。通常のニキビケアを背中に行っていても改善はあまり期待できません。

ですので、ボディには専用のニキビケア商品を使ってしっかりとケアをしていくことをオススメします。

背中は夏のおしゃれに欠かせないポイントですよね。気になり始めたら、早めのケアを心がけましょう。

夏になると露出する機会の多い背中。どんなに顔やボディをお手入れを行っていても、背中が美しくないと、せっかくのファッションも楽しめません。 ...
背中は自分で見えないし手も届かないし…でお手入れせずに、ついつい放置しっぱなし。なんてこと、ありませんか? 服で背中を見せない場合は問...
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連記事