お尻ぶつぶつを消す方法!美尻になろう!

お尻ぶつぶつを消す方法!美尻になろう!

皆様は、ご自分のお尻を毎日チェックしていますか?

お風呂で体を洗うときや何気に触ったときにお尻のぶつぶつに気づいても、ついついケアを怠りがち・・・なんて方も多いのではないでしょうか。

お尻のぶつぶつは治らないからとあきらめていませんか?

お尻って普段人に見られる機会は少ないですけど、女性ならきちんとケアしておきたい場所です。

お尻のぶつぶつは、肌触りも嫌ですし恥ずかしいという気持ちもストレスになりますが、カユミ・痛みが伴う場合は本当につらく大きなストレスになりますよね。

そのままにしておくと痕が残ったり黒ずんだりするケースもあります。症状が悪化する前に、日ごろからできるお尻のケアについて考えてみましょう。

今回は、女性なら絶対に解決したい「お尻のぶつぶつ」の原因や予防法・ケアについてお伝えしたいと思います。

1. お尻のぶつぶつの原因ーお尻ってニキビができやすい?

お尻ぶつぶつを消す方法!美尻になろう!

お尻のぶつぶつの主な原因は、ムレ・摩擦・圧迫・お肌のターンオーバーの乱れです。

ムレ

お尻は、背中と同じように皮脂腺が多くニキビができやすい場所です。それに加え、一日中下着や衣服を着けているため汗や皮脂で汚れやすく、衛生状態が悪いこともお尻のニキビができる原因となっています。

摩擦・圧迫

お尻は常に下着や衣服と摩擦を起こしていて、刺激を受けています。女性の場合は、体にフィットするストッキングやガードルなどもありますので、お尻の環境はとても過酷だといえるでしょう。

また、長時間イスや床に座っている方はお尻が圧迫されています。圧迫が続くことでお尻の角質が硬くなり、ニキビだけでなくザラザラとした硬いお肌になってしまいます。

お肌のターンオーバーの乱れ

私たちのお肌は一定周期で生まれ変わっていきます。ですが、偏った食事や良くない生活習慣を続けているとターンオーバーのサイクルが乱れます。

汚れが溜まり毛穴がふさがってしまうと、お尻のぶつぶつの原因にもなります。日頃から健康的な生活を送るように心がけたいですね。

お尻もお顔と一緒、ターンオーバーが正常に繰り返されることが美肌のカギなのです。

2. お尻のぶつぶつは黒ずみの前兆?

お尻ぶつぶつを消す方法!美尻になろう!

座ることによる圧迫や、下着や衣類による摩擦やムレで毛穴に汚れやばい菌が蓄積しやすいことなど、私たちのお尻は毎日想像以上にダメージを受けています。

お尻のぶつぶつを放っておくと危険です。お尻を取り巻く環境が変わらなければ、ぶつぶつは繰り返し発生し痕となり、やがて黒ずみへと変化していくのです。

お尻は自分ではっきりと見える場所ではないため、ケアがつい後回しになりがちですが、黒ずみになってからではお家でのケアは難しくなります。日頃からお尻のケアをきちんと行い、ベストコンディションを保つよう心がけたいですね。

3. お尻にぶつぶつができてしまったらどうすればいい?

お尻ぶつぶつを消す方法!美尻になろう!

お尻にぶつぶつができてしまったら、まずお尻の環境をできる限り向上させるよう工夫してみてください。

間違えてもぶつぶつを潰さないでくださいね。

お尻を清潔に保つ

汚れが溜まりやすいお尻は、毎日丁寧に洗うよう心がけましょう。ボディタオルは、ナイロン製ではなく綿・麻など天然素材のものを選んで、お尻を優しく洗ってください。

洗い残しはお尻のぶつぶつができる原因となりますので、しっかり洗い流しましょう。

お尻の保湿ケア

入浴後にぜひ行ってほしいのが、お尻の保湿です。お肌が乾燥しているとバリア機能が低下して、刺激に敏感になってしまいます。お尻の保湿はとても重要です。

刺激の少ない下着選び

下着は、できるだけお尻に刺激の少ない素材を選びたいですね。天然素材の下着は通気性が良く、繊維による刺激も少ないのでおすすめです。

また、体にフィットしすぎないあまり締め付けない下着を選ぶだけでも、蒸れや摩擦による症状の悪化を防ぐことができます。下着の衛生面にも気をつけたいですね。きれいに洗濯した下着を身につけ、汗をかいたときなどはできればこまめに交換しましょう。

洗剤やボディソープの見直し

洗濯用洗剤や柔軟剤・ボディソープが、お尻のぶつぶつの原因になっていることもあります。

他の部位では症状が出ていないかもしれませんが、お尻は常にムレ・摩擦・圧迫のストレスを受けている場所ですので、刺激に敏感になっています。お尻にぶつぶつができてしまったら、普段使っている洗濯用洗剤や柔軟剤・ボディソープを見直してみるのも良いかもしれませんね。

毎日長時間硬いイスや床に座っている方は、お尻への圧迫を軽減するためにクッションや座布団を愛用するという対策も効果的です。

4. お尻のブツブツを予防するための方法

お尻ぶつぶつを消す方法!美尻になろう!
できてしまったお尻のぶつぶつを治すことも大事ですが、一番大事なのは予防することです。日ごろからお家でできる予防方法をご紹介します。

毎日の食事で皮脂コントロール

お尻のぶつぶつの原因となる皮脂が過剰に分泌されないよう、肉類・揚げ物・ファーストフード・スナック菓子などは控えましょう。

お尻のぶつぶつ予防に良いのは、ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンC・食物繊維・乳酸菌です。これらの栄養素が含まれる食べ物を毎日の食事に積極的に取り入れることで、お尻のぶつぶつを予防することができます。

湯船に浸かる

シャワーで済ませているという方も多いと思いますが、ぜひ湯船にゆっくり浸かってください。湯船にゆっくり浸かり温まることで、血行が良くなりお尻の毛穴も開いて汚れが洗い流されます。

入浴後のお尻マッサージで血行促進&保湿

長時間イスや床に座っている場合、その時間の分だけお尻は押しつぶされている状態です。

そのような生活を送っている方にとくに行ってほしいのが、お尻マッサージです。普段からお尻をマッサージしてあげることで血行が良くなり、トラブル知らずのツルンとしたお尻に近づけますよ。マッサージのタイミングは、入浴後がおすすめです。

太ももとお尻の境あたりのお肉をぐっと上に向けてあげていきます。お尻の凝りがとれて気持ち良いですよ。リフトアップやむくみ解消の効果も期待できます。

またお尻は、過酷な摩擦や圧迫でターンオーバーのサイクルが乱れて、古い角質が分厚くなってしまいやすい場所です。お顔と同じように、お尻にも十分な保湿を行いましょう。

ストレスの軽減

ストレスがたまるとターンオーバーのサイクルが乱れます。またホルモンバランスが崩れて、お尻のぶつぶつの原因となる皮脂が過剰に分泌されやすくなります。

自分なりのリフレッシュ方法やリラックス方法を見つけて、ストレスをこまめに解消していきましょう。音楽・ヨガ・アロマ・ハーブティーなどはホルモンバランスを整えてくれますので、おすすめです。

女性の場合、月経前になると皮脂が過剰に分泌され毛穴に詰まり、お尻にぶつぶつができやすくなります。

月経前はとくに、規則正しい生活を送ることが大切です。睡眠中にお肌のターンオーバーが行われますから、睡眠不足ではお尻のぶつぶつは治りません。十分な睡眠時間をとって、お肌のターンオーバーを促進させましょう。

5. お尻のぶつぶつ対策のためのケア方法とは?

お尻ぶつぶつを消す方法!美尻になろう!

お尻のぶつぶつ対策におすすめしたいケアアイテムをご紹介します。

尿素配合のハンドクリーム

毎日の入浴後、尿素配合ハンドクリームをお尻全体にマッサージするように塗ってください。

天然保湿成分(NMF)のひとつでもある尿素には、硬くなった古い角質を分解する(ピーリング)・皮膚をやわらかくしっとりさせる・細胞を活性化させ皮膚のターンオーバーを正常化する作用があります。

肘・膝・かかとに使うイメージがある尿素配合のハンドクリームですが、実はお尻にも使えます。尿素配合のハンドクリームは、お尻のぶつぶつや繰り返し発生することでできてしまった黒ずみへの効果が期待できる頼もしいアイテムなのです。

尿素系クリームの使いすぎには注意!

ただし、ピーリングには過剰にやり過ぎると肌を痛めてしまうという副作用もあります。使い始めるとお肌が柔らかくなったように感じられると思いますが、強力なピーリング効果がありますので、使い続けるアイテムではありません。

あくまでも応急処置としてお使いください。ある程度症状が改善されてきたら、週1回程度に回数を減らしていきましょう。

尿素配合のハンドクリームには、尿素10%配合と尿素20%配合の2種類があります。効果が大きいのは当然尿素20%配合の方ですが、その分刺激も強くなっています。敏感肌の方は、尿素10%配合のハンドクリーム使う方が良いでしょう。

ホホバオイル

毎日の入浴後、ホホバオイルを1~2滴、濡れた状態のお尻全体にマッサージするように塗ってください。

ホホバオイルには血行促進・保湿・炎症を抑える・殺菌抗菌の働きがあり、お尻のぶつぶつや繰り返し発生することでできてしまった黒ずみを予防改善する効果があります。ホホバオイルは、赤ちゃんのおむつかぶれにも使われている安全性の高いものです。

乾燥を防ぎ、お尻をツルンとしてくれる効果も期待できます。

他の美容オイルでもいいけれど・・・

オリーブオイルや馬油や椿油などほかのオイルもありますが、その中でもとくに、人間の肌と相性が良くほぼ無臭のホホバオイルがおすすめです。殺菌性・抗菌性が高くお肌への刺激が少ない、スクワランオイルも良いといわれています。

お尻専用クリーム

尿素配合のハンドクリームやホホバオイルを塗っても良いのですが、お尻の皮膚は思ったよりも角質層が分厚いためなかなか浸透しにくくなっています。より効果的にケアを行いたいという方は、ぜひお尻専用のケア商品をお選びください。

最近は、お尻のぶつぶつや黒ずみ対策のために開発された、お尻専用のケア商品が数多く発売されています。お尻の分厚い角質にも浸透する成分が配合されていますので、お肌のターンオーバーを促し保湿をしながら、お尻のぶつぶつをきれいに目立たなくしていってくれます。

お時間のあるときにぜひ、ネットでお尻専用のケア商品をチェックしてみてくださいね。

6. おわりに

男性はバストよりもお尻が好きって本当?

日ごろからお尻を丁寧にケアされている女性は素敵だなあと思います。

お尻は普段人に見られる場所ではありませんが、自分の体を丁寧にケアするということは自分を大切にするということ。忙しい日々の中でも、そんな時間を作る余裕を持ちたいですね。

そして、ぶつぶつがないツルンとした美尻は自分の自信にもつながり、今よりもっと内面から輝けるはずです。さっそく今日から、お尻のケアを始めましょう。

美人の秘密の最新記事をメールで受信できます

メールアドレスを登録すると、美人の秘密の最新記事が更新された時に通知を受け取ることができます。 登録は無料で、解除もいつでも自由ですので、お気軽にご利用ください。 以下のリンクからメールアドレスを送信するだけでOKです! *なお、確認メールが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてくださいね。

ボディケアカテゴリの最新記事