塗るだけでバストアップ!育乳クリームの効果と選び方

塗るだけでバストアップ!育乳クリームの効果と選び方

数年前から少しずつ話題になっている「育乳」という言葉をご存知ですか? 

女性なら誰でもハリのあるバストに憧れますよね。ところが、ダイエットをしたら胸が小さくなっちゃった・・・。自分はもともと貧乳だから仕方がない・・・などと、諦めている女性も多いようです。そんなバストの悩みを解消するのが「育乳」なのです。

今回は「育乳」に効果があるといわれる「育乳クリーム」の効果と選び方についてご紹介します。

「育乳」とは?

塗るだけでバストアップ!育乳クリームの効果と選び方

「育乳」とは、ひとことでいうと「胸を育てること」です。

大人になってからでも胸が育つの? と不思議に思われるかもしれませんが、大丈夫! きちんと正しいケアをすればバストサイズをアップさせることが可能です! 

これまで下着メーカーなどで謳われていた「寄せて上げるバストアップ」というのは、胸を大きくするというよりも、そのままのバストをホールドアップして‘大きく見せる’というものでした。それに引き換え「育乳」というのは、「胸そのものを大きくする」という考え方です。

「育乳」と聞くと「豊胸手術」しかない、と思うかもしれませんが、もっと手軽にできる方法として「育乳ブラジャー」「サプリメント」「マッサージ」「育乳クリーム」など、さまざまな方法があります。そのなかでも、塗るだけでバストアップできると話題の「育乳クリーム」について考えてみましょう。

「育乳クリーム」の効果

「育乳クリーム」は、その名前のとおり塗ることによって、バストをボリュームアップし、同時にハリを与えリフトアップ効果が得られます。

商品によって配合されている成分はそれぞれ異なりますが、育乳効果が得られる成分は「プエラリア」「ボルフィリン」「アディフィリン」といったものが効果的だといわれています。

それ以外にも美容成分がプラスαとして含まれているものもあります。購入する時には、下記の成分が含まれている商品を購入するといいでしょう。

育乳クリームに含まれていてほしい成分

育乳成分

プエラリア

「プエラリア」とはマレーシア・タイなどに自生しているマメ科の植物です。

「プエラリア」には女性ホルモン「エストロゲン」によく似た成分が多く含まれていて、女性ホルモンを活発にし、乳腺に働きかけてバストアップさせる定番の成分といえます。

ボルフィリン

「ボルフィリン」とはユリ科のハナスゲという植物の根から抽出された成分で、塗った部分の脂肪組織を分化して増殖させて、その脂肪を蓄えるというはたらきがあります。

このように塗った部分の脂肪を蓄積してくれるので、バストのボリュームアップ効果が高いのが特徴です。

アディフィリン

「アディフィリン」という物質は、「ボルフィリン」と非常によく似た成分を持っています。

「ボルフィリン」との大きな違いは「アディフィリン」が人工的に作られた化学成分だということです。植物のハナスゲの根から採られる「ボルフィリン」が非常に高価なため、何とか同じような成分が作れないかということで開発されました。

そのため、比較的安い価格で「ボルフィリン」と同じような効果が得られるのが最大の特徴です。

美容成分

セサフラッシュ

「セサフラッシュ」とはゴマ由来の成分で、短時間で肌のハリと弾力を復元する効果があり、近年注目を浴びています。

「セサフラッシュ」自体にはバストを大きくする効果はないといわれていますが、年齢による皮膚のたるみや小ジワを解決し、ハリのあるバストやデコルテに導きます。

バイオバスチル

「バイオバスチル」の成分は、水と大豆たんぱくとグリセリンで、主に脂肪分を保湿する効果があり、バストにとって欠かせないハリと弾力を与え、潤い成分の「コラーゲン」や「エラスチン」のはたらきをサポートしてくれます。

「育乳クリーム」の使い方

せっかくの「育乳クリーム」も、正しく使用しなければ効果が十分に得られません。それで、適切タイミングと正しい使用方法で使用することが大切です。

タイミング

「育乳クリーム」を使用するタイミングは入浴後、カラダが温まって血行が良くなっているときがベストです。

血行が良くなると肌の新陳代謝も高まり、クリームに含まれる有効成分が肌に浸透しやすいのです。そのタイミングで使用することで「育乳クリーム」の効果が最大限に発揮されるというわけです。

使い方

使用方法は、商品によって異なりますので説明書などで確認することをおすすめしますが、基本的には‘クリームを塗ってバストマッサージ’をする、というものです。

これも商品によって異なるのですが、適量を手に取り、バストの下から上に向けて塗り広げるようにしましょう。

また、バストのサイドから内側に向けて塗っていくと脇のお肉を内側に寄せて谷間ができやすくなります。このように「下から上」「外側から内側」という塗り方を意識しましょう。

育乳クリームを使ったマッサージで気を付けたいこと

バストマッサージだからと力の入れ過ぎには注意が必要です。あまり力強くマッサージするとバストの主な成分である脂肪が燃焼されてしまい、逆に小さくなってしまうことになりかねません。

自分の理想のカタチをイメージするようにやさしくマッサージしていきましょう。

バストケアは継続することが大切

いかがでしたか? 理想のバストサイズを得るために家で手軽にできる「育乳クリーム」についてご紹介しました。

ただ、豊胸手術のように効果がすぐに表れるものではないので、継続的に塗り続けることが大切です。自分に合った「育乳クリーム」を見つけて、理想のバストを目指して頑張りましょう!

バストアップやバストケアにおすすめ! 育乳クリームランキング

美人の秘密の最新記事をメールで受信できます

メールアドレスを登録すると、美人の秘密の最新記事が更新された時に通知を受け取ることができます。 登録は無料で、解除もいつでも自由ですので、お気軽にご利用ください。 以下のリンクからメールアドレスを送信するだけでOKです! *なお、確認メールが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてくださいね。

ボディケアカテゴリの最新記事