制汗剤の使用がわきの黒ずみの原因かも?おすすめ制汗剤

わきの黒ずみ、くすみ対策用美白ジェルおすすめ比較ランキング ボディケア

夏の汗をかく季節になると、制汗剤を使う人も増えますよね。制汗剤は、デオドラント剤や止汗剤とも呼ばれ、その形状はさまざまです。

ドラッグストアなどに行くと色々なメーカーのものが並んでいますので、適当に選んで「あまり効き目が感じられなくなった」という人もいてくるのではないでしょうか。

汗を抑えるための制汗剤ですが、選ぶときには慎重に選びたいものです。なぜなら制汗剤の使用が脇の黒ずみやくすみの原因になっていることもあるからです。

種類別制汗剤の特徴や効果と、おすすめ制汗剤をまとめてみました。

スポンサーリンク

制汗剤の種類

制汗剤には様々なタイプのものが販売されています。スプレー、 ロールオン、スティック、 シート、クリームなどが一般的です。その効果や特徴はそれぞれですので、ひとつずつ確認していきましょう。

スプレータイプ

カットスプレーするだけの手軽さで、君に使用する事が多いです。使用感がさらっとしているので、爽快感があります。 ただし汗が流れている状態の時は、効果が出にくいというデメリットがあります。

ロールオンタイプ

脇の下にコロコロと伸ばすだけなので、手を汚さなくて使い勝手が良いです。 直接お肌に塗布するタイプですので効果が出やすいというメリットがあります。スプレータイプのような清涼感はありません。

スティックタイプ

スティック状になっている制汗剤を脇に塗る事で汗を抑える効果があります。直接肌に塗るタイプですので、しっかり制汗できます。

シートタイプ

汗のベタつきや、臭いの原因雑菌を排除し、脇の下を清潔に保つことができます。清涼感があるので夏の使用に向いています。 汗が出ている時にも使用できるタイプです。

クリームタイプ

クリームを手にとってお肌に塗る必要があるので、手を汚したくない人には好まれないでしょう。汗抑える効果や防臭効果がかなり高いので、制汗だけでなく防臭効果の欲しい人にはこのタイプお勧めです。

制汗剤の使用で脇が黒ずむことってあるの?

ワキの下の黒ずみの原因

制汗剤は、ドラッグストアなどで簡単に手に入れることができます。 しかし選び方によってはかゆみやかぶれ、黒ずみなどの肌トラブルを起こすこともあり、お肌のターンオーバーを乱す原因にもなります。

制汗剤は、薬剤で汗腺や毛穴をふさぐことにより、発汗を抑える効果を得るものが大部分です。

もともと脇の下は、余分な皮脂や汚れがたまりやすい部分ですから、そこに制汗剤で汗腺や毛穴を塞ぐことは、脇の下の黒ずみをはじめとする、いろいろな肌トラブルを引き起こす原因になります。

金属成分が入っている制汗剤

制汗剤の中庭、汗を抑えるために収斂剤を配合しているものがあります。この周辺には酸化アルミニウムなどの金属塩が使われています。

さらに、収斂剤の他に殺菌成分として重金属を含んでいるものもあり、特に敏感肌の人にとっては強い刺激になることがあります。

この制汗剤に含まれる金属成分により、毛穴つまりを起こし、黒ずみを悪化させてしまうこともあります。

制汗剤は、頻繁に使うものですから、できるだけ無添加や低刺激性のものを選ぶようにしましょう。

海外発!美容情報をお届けします

カナダから発信中!美容やダイエットの最新記事をメールでお届けします。登録は無料、解除もいつでもできますので、お気軽にご登録ください。

*登録後、確認メールが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてくださいね。

ボディケア
スポンサーリンク
Hanaをフォローする
美人の秘密
トップへ戻る