食べ物だけじゃない!他にもある口臭の原因3つ

ニンニクや玉ねぎなど、ニオイの強い食品を食べた後やその翌日は、口臭が気になることってありますよね。しかし、そうでない場合でも口臭が気になる人は、他に原因があるということになります。

口臭は自分ではなかなか気づかないうちに、他人を不愉快にさせていることもあります。そうならない前に気をつけたいもの。

ここに挙げた3つの原因をチェックして、口臭女になっていないか、確認しておきましょう!


スポンサーリンク
スポンサーリンク




4つの口臭原因

口臭の原因

口臭の原因になるのは、大きく分けて4つに分類されます。

食べ物が原因で口臭が臭くなる「外因的な原因」、朝起きた時や空腹時になった時に口臭が臭くなる「生理的な原因」、虫歯や歯周病が口臭を臭くする「病的な原因」、精神的なストレスや不安が強い時に口臭が臭くなる「内因的な原因」です。

今回の記事では、食べ物以外の原因について、クローズアップしてみます。


病的な原因による口臭

口臭の原因、虫歯や歯周病

一番体にも良くない口臭の原因としてあげられるのが、「病的な原因」です。

歯周病や虫歯、胃の不調によって口臭が臭くなります。

歯周病になっている人の口臭の原因は、歯茎が痩せて歯と歯茎の間が広がってしまった部分に汚れや食べかすなどが溜まると、それを細菌が分解してしまい、口臭を発生してしまいます。

虫歯も同じで、虫歯の穴に溜まってしまった汚れや食べかすに細菌付着して分解し、口臭を発生させます。

虫歯の場合は、虫歯になっている箇所をほっておくと歯の神経が腐ってしまい、そこからも口臭が発生してしまいます。


内因的な原因による口臭

内因的な原因による口臭

次に口臭の原因に多いのが、「内因的な原因」です。

精神的なストレスや不安感の強い時に口臭が臭くなるのですが、実は多くの場合、自分が口臭が臭いと感じているだけです。

研究で精神的なストレスを与えて口臭が発生するのか検査をしたそうなのですが、結果には異常がなかったそうです。

自分だけ臭いと感じ続けると自臭症という病気になってしまいます。気を付けましょう。


生理的な原因による口臭

生理的な原因による口臭

あとは、「生理的な原因」で口臭が臭くなのですが、朝起きて口臭が臭いと思ったことのある人は多いと思います。

その原因は、唾液の分泌量が少なくなっているからです。

唾液は口内洗浄や殺菌機能があります。寝ている間にも唾液を分泌されているのですが、起きている時より少なく、朝起きた状態の口内は細菌が繁殖していて口臭が臭くなっているのです。


気になる人は病院で調べてもらって

バラ、香り

口臭ケアの方法はいろいろありますが、まずは原因を把握することが大切です。

口臭の原因はさまざまあり、体の調子を訴えるために口臭を発生させる時もあります。あまりにも気になるようになったら、病院で検診してもらう方が安心かもしれませんね。

気になるニオイをバラの香りに!口臭対策おすすめサプリ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連記事