わきの黒ずみの原因と対策~気になるワキをきれいにしたい

脇の黒ずみ原因 ボディケア

夏が近づくにつれ、服装も薄着になっていきますよね。真夏ともなれば、タンクトップや水着になる機会も増えてきます。そんな時、女性特有の悩みに頭を痛めることはありませんか?

そう、ずばり「わきの黒ずみ」です!

これで毎年悩んでいる女性も意外といるのではないでしょうか?見られるのが恥ずかしくて、水着を着るのをためらったこともあるはず…。

ここでは、そんな「わきの黒ずみ」がなぜ起きるのか?ということから、その対策法までご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

わきが黒ずんでしまう原因は2つ

脇の黒ずみ原因

わきが黒ずんでしまう原因は、多くが次の二つに分けられます。それは「メラニン色素の沈着」と「角質や皮脂の汚れ・詰まり」です。

1.毛穴に詰まった汚れ

ワキの下は身体の中でも汗をかきやすい部分です。それは汗を分泌する汗腺がたくさん集まっているからなんです。

ワキの下に汗をかいてそのまま放っておくと、余分な皮脂と汗が混ざり合ったものが毛穴をふさいでしまうことがあります。そこに、雑菌が繁殖して、毛穴が黒ずんできたり、ぶつぶつが目立ってきたりします。

その状態をそのままにしておくと、悪化してニキビになることもあるので、早めにケアしましょう。

2.メラニン色素の沈着

女性、美容、マッサージ

もう一つの原因は、メラニン色素の色素沈着です。メラニン色素というのは、紫外線をあびたときに肌の中で生成されます。本来は肌を防御するためのものです。

しかし、紫外線以外にも、肌が何か下の強い刺激を感じた時にもメラニン色素は生成されます。

お肌のターンオーバーが正常に機能していれば、メラニン色素は自然と体外へ排出されていきます。
しかし、老化やその他の原因で肌のターンオーバーがスムーズでない時や、メラニン色素の生成に肌のターンオーバーが間に合わない時は、メラニン色素が上手く排出されなくなります。こうして、肌に色素がたまった状態が色素沈着です。

ワキの下にメラニン色素ができてしまう原因

結婚式ドレスを着る前に!正しいわきの下のお手入れ方法とは

メラニン色素というと「紫外線」をイメージする人が多いと思います。

しかし、メラニンは紫外線以外にも、物理的な刺激により大量に生成されることがあるのです。しかも、実は、わきの下の皮膚・肌細胞はとってもデリケートなものです。ですから、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまうんです。

間違ったムダ毛処理

カミソリ、シェービング、ムダ毛処理

わきのムダ毛の処理は、女性は頻繁にしてしまうものですよね。

でも間違った処理をしていると、肌に負担がかかり、メラノサイトという細胞がその刺激から守ろうとしてメラニン色素を生成、角質が厚くなり、さらに太い毛が生え、メラニン色素が沈着しやすくなってしまいます。この角質の厚さが徐々に黒ずみを濃くしていってしまうのです。

剃刀や毛抜きでの自己処理は、黒ずみを悪化させることになりかねません。

また、脱毛テープやワックスによる処理も、カミソリと同様、はがすときに皮膚の一部をはぎ取ってしまうため、皮膚にとても負担がかかります。

加えて、わきの皮膚が乾燥していることも、肌の摩擦が大きくなり、メラニン色素が沈着しやすくなります。

毛抜きを使った自己処理が一番危険?

毛抜き

剃刀による摩擦ももちろん軽視はできませんが、毛抜きによる処理は他の弊害も引き起こす可能性があるのです。毛抜きを使って毛を引き抜く行為は、毛穴に想像以上の負担を与えます。

抜いてしばらくの間は綺麗な状態を維持できますが、毛が再生してきた際に、その毛が肌の中に埋まったままになる「埋没毛・埋もれ毛」になってしまう可能性があるのです。

そして、そこに炎症が起こると毛嚢炎を引き起こし、痕が残ってしまうかもしれません。毛抜きによる処理はデメリットが大きすぎるのです。

もし、いまも毛抜きを使っているのでしたら即刻やめることをお勧めします。

衣服や下着による摩擦

夏のスキンケア、紫外線

わきの黒ずみの原因は、ムダ毛処理の際の剃刀等の刺激だけではなく、洋服による摩擦でも起こってしまうのです。

いつも身体に密着した洋服を着ていたり、サイズの合わないキツイ、締め付けられるような下着を身につけ、リンパの流れを止めてしまっていることも原因の一つなのです。

ですが、これは注意すれば簡単に避けることができますよね。

サイズの合った洋服を着たり、ちゃんとバストのサイズを測ってもらい、自分の体形に合った下着を身につけることで、服や下着による原因からは避けることができます。

化粧品や制汗剤の刺激

美容、コスメ、メイク

自己処理をした後、化粧水やクリームでケアをし、刺激を減らすのは良い行為なのですが、黒ずみに悩むあまり、スキンケア用品を多用したり、ファンデーションで隠すという行為は黒ずみを増長させる原因になります。

ファンデーションで隠すのは、その場しのぎにはなりますが、毛穴を詰まらせたり、余計に刺激を与えてしまうことになります。隠すということに注意を向けるよりも、黒ずみを薄くするためのケアに集中してしまいましょう。

わきの黒ずみを予防するには?

夏のメイク、保湿、化粧下地

まずは基本のケア方法として、適切な予防策を知っておきましょう。予防策を施すことが一番重要です。

肌への刺激を減らす

メラニンを沈着させないためには、肌に極力刺激を与えないことが大切です。

肌は防御反応としてメラニン色素を生成するため、できるだけ刺激を与えないように心がけましょう。もちろん、わきは、ある程度の刺激はどうしても受けてしまうものですから、そこまで神経質にはならず、過度な刺激は避けるようにするだけで十分です。

汗をかき蒸れたままの状態を放置しない、制汗剤はなるべく低刺激のものを選ぶ、大量には付けない、などの小さな積み重ねが大切です。

生活習慣からわきの黒ずみを予防する

また、生活習慣も関わってきます。

食生活や生活習慣で肌がくすんだりしてしまうのはご存知だと思いますが、実はそれはわきの皮膚にも影響してくるのです。

そこで、食事に積極的にビタミンCとビタミンEを多く取り入れましょう。ビタミンCは、メラニン色素の生成を抑制する作用がありますし、ビタミンEには、肌のターンオーバーを促進する作用があるのです。

肌のターンオーバーが活発であれば、色素沈着が起こっても、早い段階で皮膚が再生してくれるのです。

起こってしまったわき黒ずみ対策方法

保湿ケアは水分と油分の両方を補給

黒ずみができてしまった場合、簡単に治すというのは難しく、長いスパンで根気よく治していく必要があります。

わきを清潔に保つ

まずは、毛穴の汚れを綺麗に落とすこと。皮脂などが詰まっていては黒ずみの原因になります。

保湿ケア

一番大切なのは、乾燥させないこと。乾燥してしまうと余計に肌が敏感になり、刺激を受けやすくなってしまいます。そのため、お風呂上りには化粧水などをつけて「保湿」をすること。

わき専用美白化粧品

メラニン色素の沈着は、グリセリンカリ液や美白化粧品で徐々に改善していけます。

また最近では、わきの黒ずみ専用の美容液やクリームが販売されていますから、そちらを試すのもいいと思います。

専用のクリームなどには、コラーゲンやビタミンC、美白成分、保湿成分が入っていますから、こちらを買ったほうが効率的に黒ずみを薄くしていけるようです。

海外発!美容情報をお届けします

カナダから発信中!美容やダイエットの最新記事をメールでお届けします。登録は無料、解除もいつでもできますので、お気軽にご登録ください。

*登録後、確認メールが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてくださいね。

ボディケア
スポンサーリンク
Hanaをフォローする
美人の秘密
トップへ戻る