気になる!ワキの下の黒ずみの原因

ワキの下のムダ毛処理は、女性として当然のたしなみですよね。でも、せっかく丁寧にムダ毛のケアをしても、毛穴がぼつぼつ目立ったり黒ずんでいては、ノースリーブの服を着るのもためらってしまいます。

ワキの下の黒ずみと毛穴が目立つ原因を調べてみました。


スポンサーリンク

ワキの下の黒ずみの原因は2つ

ワキの下が黒ずむ原因は主に2つ考えられます。

1.毛穴に詰まった汚れ

脇下、黒ずみ、原因

ワキの下は身体の中でも汗をかきやすい部分です。それは汗を分泌する汗腺がたくさん集まっているからなんです。

ワキの下に汗をかいてそのまま放っておくと、余分な皮脂と汗が混ざり合ったものが毛穴をふさいでしまうことがあります。そこに、雑菌が繁殖して、毛穴が黒ずんできたり、ぶつぶつが目立ってきたりします。

その状態をそのままにしておくと、悪化してニキビになることもあるので、早めにケアしましょう。

2.メラニン色素の沈着

自己ムダ毛処理が原因?ワキの下のブツブツと黒ずみ

もう一つの原因は、メラニン色素の色素沈着です。メラニン色素というのは、紫外線をあびたときに肌の中で生成されます。本来は肌を防御するためのものです。

しかし、紫外線以外にも、肌が何か下の強い刺激を感じた時にもメラニン色素は生成されます。

お肌のターンオーバーが正常に機能していれば、メラニン色素は自然と体外へ排出されていきます。
しかし、老化やその他の原因で肌のターンオーバーがスムーズでない時や、メラニン色素の生成に肌のターンオーバーが間に合わない時は、メラニン色素が上手く排出されなくなります。こうして、肌に色素がたまった状態が色素沈着です。

ワキの下にメラニン色素ができてしまう原因

脇下、黒ずみ、原因

では、紫外線を浴びたわけでもないのに、ワキの下にメラニン色素ができるのはどんなときでしょうか。

メラニン色素は肌が強い刺激を受けた時に生成されることがあります。ワキの下のムダ毛処理や、制汗剤、消臭スプレーなどの使用は、まさにその原因になるのです。

特に、ワキの下はカミソリや毛抜きなどを使って自分でムダ毛処理している人が多いと思います。カミソリや毛抜きの慢性的な使用は、肌を傷つけるばかりでなく、メラニン色素を過剰生成してしまうのです。


ワキの下の黒ずみ対策

わき、黒ずみ、対策

ワキの下の黒ずみ対策には、次の3つのポイントが重要です。

  1. ワキの下を常に清潔に保つこと
  2. 保湿をすること
  3. 肌のターンオーバー機能を高めること

また、なるべく肌への強い刺激を避けることも大切です。カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理も、出来るだけ頻度を抑えるか、他のムダ毛処理方法に変えることをオススメします。

 ワキや二の腕などには黒ずみ専用クリーム!【薬用アットベリー】