浴衣を着る時のワキのお手入れどうしてる?

浴衣を着る時ワキって見えるもの? ボディケア

これから増える“夏の風物詩”花火大会や夏祭り。彼とのデートに動きやすい洋服もいいけれど、今年こそ頑張って浴衣を着ていきたい・・・と思っている女子は多いかもしれません。

でも浴衣って着崩れしやすいし袖口から見えてしまうワキが気になるもの。せっかく浴衣を着ていつもとは違うムードを演出するのならワキ汗やムダ毛などの対策もしっかりしておきたいものですよね。

今回は浴衣を着るときのワキのお手入れについてまとめました。

スポンサーリンク

浴衣を着る時ワキって見えるもの?

浴衣を着る時ワキって見えるもの?

浴衣を着てみると驚くのが、洋服と違いワキの部分が開いていること。この部分は「身八つ口(みやつぐち)」と呼ばれていて、浴衣に限らず着物も女性用は同じように開いています。

つまり、ワキの部分が開いているのは不良品ではなく、もともとこのように作られているのです。

女性用の着物だけに「身八つ口」が開いている理由には諸説あるのですが、「風通しを良くして熱を逃がし体温調節するため」とか「襟元の着崩れを直しやすいようにするため」などが考えられています。

このようにワキの部分が開いているのは当たり前ですが、だからといってワキが他人に見えるのは美しいものではありません。着付ける際に見えにくい工夫をしたり、きちんとインナーを身に着けたりしてワキが丸見えにならないようにしておきましょう。

何よりも大切なこととして、浴衣を着るときは肩より高く手を上げたり片手で物を取ったりしないことや、動かす腕の袖口をもう片方の手で軽く押さえるなど和装ならではの所作を身につけましょう。

浴衣を着る前にしておきたいワキのお手入れ方法

ムダ毛処理

ワキのお手入れ方法

先に書いた通り、浴衣はワキの部分が開いているため何かの拍子にワキの下が見えてしまうことがあります。ムダ毛があるとガッカリですよね。

浴衣を着る前には忘れずにワキのムダ毛処理をしておきましょう。簡単なのはカミソリで処理する方法ですが、肌に直接カミソリの刃が当たる方法は肌への負担が大きく肌を傷つける可能性があります。おすすめなのは電気シェーバーを使用すること。

これなら直接刃先が肌に当たらないので肌にそれほど負担を与えずに処理ができます。もうひとつ肌に比較的やさしいムダ毛処理の方法が“除毛クリーム”です。これも肌への負担が少なくておすすめです。肌が敏感な人にも使用できる“敏感肌用除毛クリーム”もありますから上手に活用しましょう。

ワキ汗・ニオイ対策

夏のイメージ

見た目には涼しげに見える浴衣ですが、大勢の人込みでにぎわう花火大会などの会場ではかなり暑いです。せっかく浴衣をキレイに着たのに、汗染みが目立ったりニオイが気になったりすると台無しですよね。

出かけてから焦るよりも、浴衣を着付ける前に汗・ニオイ対策しておきましょう。

ワキ汗対策として最も簡単な方法は肌着を着ること。肌着といっても化学繊維のものではなく、通気性や汗の吸収が良くニオイ予防になる綿や麻などの天然素材がおすすめ。さらに気になる人はワキ汗・ニオイ対策用の制汗クリームやジェルを塗っておくといいですよ。

黒ずみ、美白対策

オールインワンコスメの種類と選び方

浴衣の袖口から見えたワキが黒ずんでいるのは恥ずかしいですよね? 

実はワキが黒ずむにはいくつかの原因があります。一つはメラニン色素の沈着。日頃のムダ毛処理などや摩擦などで刺激を受けメラニン色素が生成され、少しずつ色素が沈着して黒ずんでくるのです。

もうひとつの原因は毛穴の詰まり。ワキは汗をかきやすく蒸れやすい箇所なため、放置した汗や制汗スプレーやすすぎ残しなどで毛穴が詰まり酸化して黒くなります。

メラニン色素によるワキの黒ずみは一日、二日で改善できるものではありませんが、できるだけ摩擦を減らし保湿ケアや美白化粧品を使って少しずつ黒ずみを解消していきましょう。

また、毛穴の詰まりが原因で黒ずんでいるなら、市販のピーリング剤で古い角質を取り除くことや、入浴時にメイク落としに使用するクレンジングオイルをなじませることによって角栓汚れを落としましょう。

最近では「ワキ専用美白ジェル」などが販売されているので試してみるのもいいかもしれません。

浴衣を着るときはワキのお手入れも忘れずに

花火大会、浴衣でお出かけ

いかがでしたか? 今回は浴衣を着るときのワキのお手入れについてまとめました。

着物や浴衣などの和装が洋服と大きく異なるのがワキの部分が大きく開いているところ。高温多湿な日本で快適に過ごすために風通しを良くするためだとも、襟ものと着崩れを直すための知恵だともいわれています。

ふとした拍子にワキが見えてしまうこともありますからムダ毛処理や黒ずみ対策を怠らないようにしましょう。

また、涼しげに見える浴衣もお祭りや花火大会の人込みでは汗をかくものです。

汗を吸収する素材の肌着で快適に過ごせるようにしたいですね。大前提として、浴衣を着るときは洋装と同じような動きをしてはいけないと心得ておきましょう。和装ならではの美しい所作で浴衣美人になりたいですね!

  

海外発!美容情報をお届けします

カナダから発信中!美容やダイエットの最新記事をメールでお届けします。登録は無料、解除もいつでもできますので、お気軽にご登録ください。

*登録後、確認メールが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてくださいね。

ボディケア
スポンサーリンク
Hanaをフォローする
美人の秘密

コメント

トップへ戻る