眉毛で印象的な顔になる!おすすめ眉毛描き方テクニック

コスメ

アイメイクもバッチリ、チークもお気に入りのを使った…はずなのに、なんだかメイクが決まらないっていうときありますよね。

そんなときは、眉毛メイクに一工夫。描き方のコツを押さえるだけで、印象的な顔をつくることができますよ。

スポンサーリンク

太眉を作るための必須アイテム

眉毛メイクに必須なのが眉毛用のハサミとアイブロウペンシルとアイブロウパウダー。これらのアイテムを揃えれば、印象的な眉毛の描き方が成功します。

1.眉毛をカットして揃える

眉毛で印象的な顔になる!おすすめ眉毛描き方テクニック

まずはボサボサになってしまっている眉毛をカット。眉毛を指でなぞって流れを整えながら、はみ出した毛をカットします。

美しい眉を作るなら、眉頭を目頭の真上に作り、眉山を白目の端に作るようにしましょう。

眉全体に対して、眉頭から眉山の長さが3:2になるのが理想です。

このときのコツは、ゆっくりと少しずつカットするということ。眉毛はたった1本の違いでも、印象が変わって見えます。鏡で顔全体のバランスを見ながら、慎重にカットしていきましょう。

また、毛抜きを使って眉毛を抜く人もいると思います。ちょっと変なところに生えている眉毛は抜け毛を使って抜くのもOKです。

しかし、最近の流行のナチュラル眉を作るためには、あまり抜きすぎないように気をつけたいものです。毛抜きで抜いてしまうと、しばらく生えてこなくなりますし、最悪の場合毛根を傷つけるため長期にわたって生えなくなってしまうことも。

さらに毛抜きを使って眉毛を抜くことを繰り返すと、まぶたのたるみの原因になることもあるんです。毛抜きで眉毛を抜くのは最小限にしたいですね。

2.眉を描く

アイブロウペンシルを使って眉毛を書いていきます。眉毛の端の方は、毛を1本ずつ書くようにして眉毛を書き足していくのが美しい描き方です。

アイブロウパウダーは最初に眉山に使い、次に眉尻に色を足していくときれいに仕上がります。ワンポイントテクニックとして、眉尻は色が落ちやすいので濃い目のパウダーを使うのがおすすめです。

3.仕上げ

眉の流れを指やブラシを使って整えます。お好みでアイブロウマスカラを使うと、仕上がりがより美しくなります。

印象的な顔を作る眉毛の描き方まとめ

眉毛で印象的な顔になる!おすすめ眉毛描き方テクニック

  • 下準備の眉毛カットをきちんと行う
  • 眉頭から眉山の長さは3:2
  • アイブロウペンシルとアイブロウパウダーを使い分ける

このテクニックさえあれば、印象的な顔のメイクになること間違いなしです!

また、眉毛が薄くて今風の自然な太眉が作りにくいという人は、眉毛専用の美容液も販売されていますので、そちらを利用するのもおすすめですよ。

海外発!美容情報をお届けします

カナダから発信中!美容やダイエットの最新記事をメールでお届けします。登録は無料、解除もいつでもできますので、お気軽にご登録ください。

*登録後、確認メールが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてくださいね。

コスメ
スポンサーリンク
Hanaをフォローする
美人の秘密
トップへ戻る