夏乾燥に負けない!メイク崩れを防ぐメイク方法とは?

夏乾燥に負けない!メイク崩れを防ぐメイク方法とは?

夏は皮脂や汗がたくさん出やすい季節でもあり、どろどろが気になりますよね。

さらにエアコンや紫外線、気温の上昇により肌は意外と乾燥しやすい状態にあり、メイクは崩れやすくなってしまいます。

だからこそ、夏はメイク崩れを防ぐため工夫をしながら、肌ダメージを抑えて美しさを維持していきましょう。

洗顔はやさしく皮脂をとり過ぎない!

洗顔

メイクの前に行う洗顔は、皮脂をとり過ぎないようにやさしく洗い上げることがポイントです。

できれば石鹸素地と記載のある固形石鹸を選び、程よい洗浄力で肌を洗い上げ、必要な皮脂を残して洗い上げましょう。

たっぷりの泡を作って、ゴシゴシ擦らず、泡をクッションにして洗うことがコツです。

夏でも化粧水・乳液はしっかり使用する

化粧品、化粧水

夏の肌は思っている以上に乾燥しています。化粧水はたっぷり使用し、肌の奥まで浸透させていきましょう。

コットンを使ってパッティングしながら、成分をやさしく浸透させてください。

また夏のべたつきが気になるからといって乳液を使用しない方もいますが、化粧水だけでは潤いは蒸発してしまい、さらに乾燥しやすくなってしまいます。ですので、必ず乳液で蓋をして潤いを閉じ込めてください。

もしべたつきが気になるようであれば、ティッシュオフして余計な油分はとってからメイクを始めましょう。

ベースメイクにはリキッドタイプかクリームタイプがおすすめ

メイク、コスメ、化粧品

ベースメイクには、リキッドタイプかクリームタイプをチョイスしましょう。

夏は乾燥しやすい季節だからこそ、油分の多いリキッドやクリームタイプのファンデーションをチョイスすることで、肌にファンデーションを密着させ潤いを維持しやすくなります。

またBBクリームやCCクリームなどで仕上げていけば、美容液や化粧水、乳液、さらにUV効果もあり夏乾燥にはぴったりです。

仕上げにはパウダーを使おう

女性、メイク、美容

ベースメイクの仕上げには、必ずパウダーを使っていきましょう。

パウダーを使うことで、肌の受けるダメージを抑えることができ、乾燥を防いだり、皮脂崩れも予防することができます。

メイク直しに油トリガミは使わない

ついつい夏のメイク直しには油トリガミを使いがちですが、油トリガミでは必要な皮脂までとってしまい、さらに乾燥を招いてしまいます。

メイク直しを行う際は、ティッシュオフで余計な皮脂や汚れを取り除き、ミスト化粧水などで潤いを補ってから、パウダーで仕上げていくといいでしょう。

乾燥が気になったときも、こまめにミスト化粧水で潤いをチャージして、夏乾燥によるメイク崩れを防いでいきましょう。

美人の秘密の最新記事をメールで受信できます

メールアドレスを登録すると、美人の秘密の最新記事が更新された時に通知を受け取ることができます。 登録は無料で、解除もいつでも自由ですので、お気軽にご利用ください。 以下のリンクからメールアドレスを送信するだけでOKです! *なお、確認メールが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてくださいね。

コスメカテゴリの最新記事