ダイエット中の間食の意外な効果!間食することでダイエット成功率が高くなる

ダイエット中は、間食禁止という人が多いと思います。間食というと、どうしても食べ過ぎてしまったり、糖分やカロリーを摂りすぎるきらいがあります。しかし、実際は、正しい方法で行えば、間食する方がむしろダイエットが長続きするのです。ダイエット中の間食で気を付けたいこととはどんなことでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




間食をすることのメリット

ダイエット中の間食の効果
間食をすることの一番のメリットは、次の食事までの空腹感を我慢しなくて良い事でしょう。ダイエット中は、食事の量を少なくしますので、空腹感がストレスになりやすいものです。

食事と食事の間で、お腹が空いた時、ちょっと間食しておくことで、次の食事のときに食べ過ぎるのを防ぐ効果があります。

また、ダイエット中の食事制限によるストレスを軽減することにもなりますよね。

間食する時に気を付けることは

ダイエット中の間食、たべてはいけない
間食をするときに、気を付けてほしいのは、「本当にお腹が空いた時にだけ摂る」ということです。間食は、特にお腹が空いていないのに、口さみしくて、ついだらだらと食べてしまい、肥満につながるケースがほとんどです。

食べ過ぎないように、あらかじめ食べる量を決めて、本当にお腹が空いた時にだけ摂るようにしましょう。

もちろん、揚げ物や砂糖を多く含むものは避けるべきです。飲み物も無糖のものを合わせます。

間食って何を食べるのがいいの?

ダイエット中の間食、ドライフルーツ
間食に向いているものは、食物繊維を含んでいて、腹持ちの良いものです。たとえば、サツマイモなどのイモ類、こんにゃくゼリーや海藻、ドライフルーツやナッツなどが向いています。

これらをハーブティーやコーヒー(無糖)などと一緒に摂ると、食物繊維がお腹の中で膨らむので、少量でも満足感が得られます。

ダイエット用に開発された「豆乳クッキー」や野菜スムージーなどもおすすめです。
まずは9日間!目標-4kg?豆乳クッキーダイエット

食べ過ぎないためのコツ

ダイエット中の間食、ながら間食はだめ
間食で食べ過ぎないためにいくつかのことに気を付けましょう。

1.なるべく少量でパッケージになっているものを選ぶ。
2.テレビを見ながら、電話をしながら、などの「ながら食い」はしない。
3.よく噛んで、ゆっくり味わって食べる。

このようなことに気を配るだけで、食べ過ぎを防止することができます。

理想的なのは、食べた後のウォーキング

ダイエット中の間食、ウォーキング
間食した日は、食後にちょっとしたエクササイズを取り入れてみましょう。「今日は間食したから15分ウォーキングしよう」という感じで、間食+運動の組み合わで行う習慣を付ければ、カロリー消費になります。

ダイエットは、続けなければ意味がありません。正しい間食を取り入れることで、できるだけストレスを抑え、ダイエットを長続きさせたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連記事