海外セレブの間で話題のクリーンイーティング「Clean Eating」って何?

アメリカ発祥のクリーンイーティングは、栄養バランスに優れたオーガニック食材を取り入れた食事スタイルです。日本でもおなじみのスーパーモデル、ミランダ・カーやジゼル・ブンチェンなど多くの海外セレブがヘルシーな美しさを手に入れるために実践しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




クリーンイーティングの特徴

海外セレブに人気のクリーンイーティング

ゆっくりと時間をかけてライフスタイルを作り上げることが大きな特徴です。

無理なダイエットやカロリー制限をして、見た目の美しさだけを求めることではありません。

食品添加物をできる限り減らし、オーガニック(有機農法)の野菜、果物、肉など「クリーン」な食材を選びます。栄養価の高いものをバランスよく摂り、内側から体調を整えていくメソッドです。

野菜をメインに食べる点がビーガンやベジタリアンとの共通点ですが、厳しい決まりはありませんので、ストレスを感じることなくトライすることができるでしょう。

ヘルシーな食生活

海外セレブに人気のクリーンイーティング、ヘルシーな食生活

クリーンイーティングでは食事の回数を1日5~6回にします。朝昼晩の3食の他、間食としてナッツやヨーグルトなどを軽く摂ります。

水は体の中をキレイにしてくれるとても大切なアイテムです。1日2リットル程度、コップ1~2杯ずつをこまめに分けて飲むようにします。

レシピには、野菜、果物、肉のほか、ナッツやシード類、アボカド、卵などを使い、手を加え過ぎない野菜たっぷりのメニューが基本です。油もオリーブオイルやココナッツオイルなど体にいいものを適量使用します。

食塩、白砂糖、小麦粉、白米など、精製された調味料や穀物類は使いません。精製することで自然のミネラル、食物繊維など多くの栄養分が失われているからです。

毒になる食べ物って?

海外セレブに人気のクリーンイーティング、ジャンクフードはNG

ジャンクフードやスイーツ、ハムやソーセージなどの加工肉、ソーダやジュースといった加糖された飲料など、添加物、塩分、糖分の入った加工食品は食べません。

カフェインや高脂肪食品も避け、アルコールもなるべく飲まないようにします。

食品添加物と共に、栽培に使われた農薬や化学肥料も徐々に体内に蓄積されて毒素となります。

このような食生活に加え、喫煙や不規則な生活習慣を続けると、体調不良やアレルギー、高血圧など病気の原因になる可能性もあります。

ライフスタイルの変化

海外セレブに人気のクリーンイーティング、リラックスできる

クリーンイーティングを続けることで健康な体が作られていくと、ストレスが軽減され、精神的に安定した状態になります。

体の中にあった無駄なものが取り除かれて、内側から溢れるエネルギーが外見の美しさになって現れるでしょう。

自分の健康に影響を与える自然環境への意識が高まり、マイボトルを使ったり、買い物にはエコバッグを持参したりと、ライフスタイルも変化していきます。

環境にもやさしくなる

海外セレブに人気のクリーンイーティング、環境にもやさしい

ジゼル・ブンチェンは、ロサンゼルスの自宅で自ら農作物を栽培するなど、シンプルな生活を実践し、環境保護の活動にも熱心です。

海外ではオーガニック食材を販売するスーパーが増え、専門店も数多くあり、身近な存在になっているようです。

オーガニックで生産される食材が増えることにより、さらに地球環境が改善するサイクルが生まれてくるでしょう。

クリーンイーティングで健康的な食生活

海外セレブに人気のクリーンイーティングで健康的な食生活

クリーンイーティングの良いところは、自分のペースでゆっくりと始めることができる点です。日本では、近くのスーパーにオーガニックの食材が少ない、一般のものより高値という場合が多いかもしれません。それでも、加工食品を減らし、地元産の新鮮な野菜を選ぶなど、少しずつクリーンイーティングのスピリットを取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連記事