ダイエットにオススメな有酸素運動方法はこの3つ!

ダイエットに有酸素運動が良いことは、みなさんご存知だと思います。有酸素運動と言ってもいろいろありますが、中でもオススメの運動方法をご紹介します。

スポンサーリンク

有酸素運動と無酸素運動

diet-398613_1280

「有酸素運動」と言うのは、運動中にエネルギーを作り出す際、酸素を必要とする運動の総称です。これに対して、運動中のエネルギー代謝に酸素を必要としない運動を「無酸素運動」と言って区別しています。

無酸素運動の代表的なものが、筋トレや、短距離走などです。瞬発力を必要とするもので、長く運動を続けるのが困難なことが特徴です。

これに対して、有酸素運動は動作としては緩やかな運動が多く、比較的長時間継続することが容易です。

有酸素運動はどうしてダイエット効果がある?

yoga-597688_1280

では、有酸素運動がダイエットに効果があるのはなぜでしょうか。

有酸素運動は、運動し始めると最初のうちは体内の糖分を材料にエネルギーを産生します。しかし、糖分を使っているとそのうち血糖値が下がってきます。血糖値が下がりすぎると、私たちの身体は、体内に蓄えられている脂肪を燃焼してエネルギーを作りだそうとします

このため、有酸素運動を続けていると脂肪を燃焼することができるのです。ただし、脂肪が燃焼し始めるまでには、運動を最低でも20分間継続しなくてはいけないと言われます。

そのため、有酸素運動はダイエットに効果的ですが、20分以上継続しないと意味がないと言われるのです。

おすすめの有酸素運動方法1.ウォーキング

hiking-358555_1280

ダイエットに効果的な有酸素運動の中でも、一番のおすすめがウォーキングです。

まず、始めるのにコストがあまりかかりません。持っていない人は、ウォーキング用にシューズがあると良いですが、おおげさな靴を用意する必要はありません。普通の運動靴で十分です。

他のスポーツと違って、歩くだけなら誰でもできると思いますよね。敷居が低く、誰でも気軽に始められます。

ただし、ウォーキングはただ歩くだけではありません。正しい歩き方で行わないと効果が半減してしまいます。

ウォーキングの際に気を付けたいことは、

・背筋を伸ばして正しい姿勢で行う
・いつもより早足で歩く
・足は付け根から動かし、重心がぶれないようにする
・ショルダーバッグなど、身体の片側だけに負荷がかかる荷物は持たない
・運動靴を履いて行う

これらのことに気を付けながら行えばよいだけです。まずは毎日30分から、慣れてきたら毎日1時間を目標にしてみましょう。

おすすめの有酸素運動方法2.水泳

swimmers-79592_1280

水泳も代表的な有酸素運動です。泳ぐのは得意な人も苦手な人もいます。泳ぐのが苦手な人は、水中を歩くだけでも効果があります。

水泳の良いところは、浮力がかかっているため、実際の運動量に対して運動中の疲労を感じにくいことです。ただし、水から上がった途端ぐったり、なんてこともありますが。

水泳は、全身運動ですので、腕や脚、腹筋、背筋など身体全体的に筋肉が鍛えられます。泳ぎ方を工夫すれば、部分痩せも可能です。

単に泳ぐだけでなく、歩いたり、水の中でエクササイズしたり、いろいろな動作を組み合わせるのがオススメです。

全く運動をしていない人であれば、1週間に2回泳げば、2週間で体型の変化を感じるでしょう。

おすすめの有酸素運動方法3.ダンス

tango-190026_640

ダンスと言うと、ジャズダンス、サルサ、フラメンコ、フラダンス、ベリーダンスなど、最近ではいろんなダンス教室が開催されています。

習い事になるので、少々費用は掛かりますが、ダイエットだけでなくストレス発散にも効果的です。

ダンスもある一定時間、音楽に合わせて身体を動かすので、有酸素運動に当たります。ダンスの良いところは、音楽に合わせて楽しくダイエット効果が得られることです。

また、自分の身体を使って魅力的に見せるしぐさや正しい姿勢も身に付きます。

人前で踊ること言うことは、自分の身体の動きを他の人に見せるということです。人に見られているという緊張感で引き締め効果も生まれます。

「ダンスなんてやったことないし」「私、身体かたいし」と思っている人も、一度体験コースをのぞいてみてはどうでしょうか。身体が固くても、素敵に踊れるダンスはたくさんありますよ。

エステ・痩身・脱毛のエルセーヌ