寝る子は痩せる?睡眠にダイエット効果があるって本当?

痩せホルモンというのを聞いたことがあるでしょうか。実はこの痩せホルモン、睡眠と深くかかわっているんです。そのため、良質な睡眠をとることはダイエットにもつながるというんです。

まさに、寝るだけダイエット! そんなうれしいダイエット方法があるなら、ぜひとも試してみたいですよね。

今回は、睡眠のダイエット効果について、掘り下げてみました。


スポンサーサイト

睡眠中に分泌される痩せホルモンとは?

赤ら顔って生まれつきなの?原因と赤ら顔対策におすすめな化粧品

今話題の「寝るだけダイエット」は、文字通り寝ている間にダイエットができる夢のようなダイエット方法です。

一見嘘のような話ですが、実際に私たちは十分な睡眠をとることで一日300kcalを消費することができるのです!

これは1カ月続けると、なんとマイナス1キロ分のカロリー消費に当たります。

その理由は、睡眠中に体内に分泌される様々なホルモンの働きにあります。

中でも成長ホルモンは、カロリーの消費を促し、グレリンとレプチンは食欲をコントロールすることができます。

このダイエットに効果的なホルモンを総じて「痩せホルモン」と呼んでいます。痩せホルモンは十分な睡眠と規則正しい生活によって、より分泌されやすくなるんです!


寝るだけダイエットの方法

背中の開いたドレスを着たい!正しいケアで背中美人になる方法

寝るだけダイエットでは、7~8時間の睡眠をきちんととることが重要です。

また、睡眠をとる時間も大切で、早寝早起きを習慣づけ、毎日同じ時間に起きるよう生活リズムをつけていくことも心がけていきましょう。

22時から5時の間に眠ることで、正常ホルモンの分泌は多く促されるため、おすすめです。

そのためには、毎日15分以上は日光を浴びるようにしたり、14時以降にカフェインの摂取を避けるよう意識することも大切です。

そして快適な睡眠をとれるよう、睡眠前には十分にお風呂で体を温めましょう。

睡眠前に食べ物を食べることも厳禁ですのですので、眠りにつく3時間前には食事を終えるようにしましょうね!

寝るだけダイエットは、血行促進や免疫力アップ、美肌ケアなどダイエット以外にも健康面、美容面でもうれしいことがたくさんです。ぜひ、一度試してみてください!