乾燥肌になる原因ーどうして?乾燥肌の人が増加中

乾燥肌に悩む人は、以前よりも増えています。乾燥肌の予防や改善は、スキンケアや食事などから行いますが、乾燥肌になる原因について理解しておくと、対策も行いやすくなります。乾燥肌になる原因を確認しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




乾燥肌になる原因

1.食事や食習慣による栄養の偏り

乾燥肌になる原因

乾燥肌になるもっとも大きな原因の一つが、栄養不足です。最近は食生活の西洋化に伴い、乾燥肌で悩む人が増えています。これは、食品添加物の入った加工食品の摂取が増えたことやファーストフードが広まったことが原因とされています。

さらに、女性の場合は特にダイエットや偏った食事などで栄養不足になっている人が増えています。

2.生活習慣

むずむずして眠れない人にはアレルナイトプラス

私たちの生活習慣も大きく変化しました。睡眠不足、ストレス、エアコンの多用など、私たちの身の回りには乾燥肌になる原因がたくさんあふれています。

衣服や寝具など、肌に直接触れる物に、乾燥肌を悪化させるものもあります。

さらに、アルコールの過剰摂取や喫煙などの習慣も乾燥肌になる原因のひとつです。

3.加齢

乾燥肌とコラーゲン、コラーゲンの働き

私たちの肌には、もともと水分保持能力が備わっています。しかし、加齢とともに、その機能はだんだんと低下していくので、年齢を重ねると、乾燥肌になりやすいものです。

加齢とともに不足する成分を化粧品や食事などで補い、肌のターンオーバーを正常に保つことが乾燥肌の予防に効果的です。

4.カン違いスキンケア

乾燥肌とは

私たちの身の回りには、化粧品やスキンケアグッズがたくさんあります。しかし、間違ったスキンケアで逆にお肌を傷つけていることもあります。肌に強い過ぎる刺激になっていないか、スキンケア方法を見直してみましょう。

原因を理解して、乾燥肌を改善する

皮脂不足の乾燥肌

乾燥肌の改善には、原因を理解しておくことが大切です。いくら乾燥肌に良いスキンケア製品を使っていても、間違った使い方では肌にダメージとなることもあります。

スキンケアも大切ですが、生活習慣や食事も見直しながら、多角的に乾燥肌対策をしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク