タバコが原因で起こる乾燥肌

タバコが健康や美容に良くないことは、みなさんよくご存知ですよね。タバコを吸う人は、肌がくすんできたりシワが深くなったりと、吸わない人よりもお肌の老化現象が早く進行します。

でも、タバコが乾燥肌の原因になるのは漠然と知っているけど、具体的にどんなメカニズムなのかよく知らないという人も多いのではないでしょうか。今回は、タバコと乾燥肌の関連性についてのお話です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




タバコを吸うと体の中では・・・

たばこが乾燥肌の原因、たばこを吸うとどうなる

タバコを吸うと、たくさんの有害な物質が体内に入ってきます。まずは、一酸化炭素です。

体の中に入ってきた一酸化炭素は、血液中のヘモグロビンと結びつきます。本来ヘモグロビンは酸素を運ぶ作用があるものです。ところが、一酸化炭素と結合してしまったヘモグロビンは、その機能を果たすことができません。そのため、全身の細胞が酸素不足になります。

一酸化炭素を取り込んだヘモグロビンでいっぱいの血液は、もはや必要な栄養素を各細胞へ運搬することもできなくなります。そのため、お肌のターンオーバーが正常に働かなくなり、栄養不足のため、肌の色がくすんだり、乾燥肌や肌トラブルを引き起こします。


タバコの煙には活性酸素が

タバコの煙には活性酸素が含まれています。活性酸素は、細胞を傷つけ身体を老化させます。

この活性酸素が体内に増えると、抗酸化作用のあるビタミンCが消費されます。ビタミンCは、お肌のコラーゲンを作るために必要な栄養素ですが、喫煙によって生じた活性酸素を取り除くために使われるので、お肌のコラーゲンがうまく生成されなくなります。

コラーゲンは、お肌の弾力やハリを作っています。そのコラーゲンが不足するため、肌のたるみが起こりやすくなります。コラーゲンはお肌の中で保湿成分としても働きます。ですから、コラーゲン不足のお肌は乾燥肌になってしまいます。

また、ビタミンCには美白効果があることもよく知られています。そのためビタミンCが不足すると、シミなども出来やすくなるのです。


タバコのニコチンは血管を収縮させる

さらに、たばこに含まれるニコチンは、毛細血管を収縮させます。血液の通り道が狭くなるので、血行がわるくなり、お肌に必要な栄養素が、細胞に届けられなくなります。

一酸化炭素の悪影響と相まって、お肌は栄養不足になり、カサカサの乾燥肌になってしまうのです。お肌が乾燥すると、シワの原因にもなります。そのため、喫煙する人のシワは、喫煙しない人よりも深く刻まれたようなシワになりやすいのです。

あなたは大丈夫?乾燥肌にNGな5つの生活習慣
女性にとっていつになっても気になるのが肌の問題。その中でも乾燥肌は、化粧ノリが悪くなったり小じわが目立ったりして、肌の悩みの一つです。 ...

タバコはお肌の老化現象を早める

たばこを吸うと乾燥肌になる、老化現象を早める

このように、喫煙する人は、自分でお肌の乾燥を招き、老化現象を早めているようなものです。せっかく化粧品などでエイジングケアをしていても、これでは意味がありません。

健康と美容のためには、一日も早く禁煙にチャレンジしましょう。たとえ長年吸っていたからといって、「手遅れ」になることはありません。乾燥肌や年齢肌が気になりだしたら、できるだけ早く禁煙したいですね。

乾燥肌の人におすすめなクレンジング比較ランキング

乾燥肌の私が実際に使って最も効果的だった保湿化粧品比較ランキング

乾燥肌さんにオススメのクリームランキング5選

乾燥肌スキンケアおすすめ美容液比較

スポンサーリンク
スポンサーリンク