スポンサーリンク

乾燥肌の人にコラーゲン配合の化粧品がおすすめな理由

乾燥肌対策にはコラーゲンが有効です。コラーゲンの効果とその働き、コラーゲン入り化粧品を選ぶときの注意点について、まとめてみました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




コラーゲンとは?その効果と働き

セラミドは保湿力が低い?今までのセラミド化粧品では保湿ケアができない理由

コラーゲンは皮膚の水分を保ってくれたり、ハリや弾力や潤いを持たせてくれ、いつまでも若々しいみずみずしい肌を維持させてくれます。

皮膚の下の皮下組織の約95%を占める真皮ですが、その約70%がコラーゲンです。真皮でコラーゲンが沢山作られる事で、肌にハリとうるおいが生まれ、乾燥肌を撃退してくれます。

しかし、日々のストレスや、紫外線などにより、コラーゲン生成がうまくできなくなってしまいます。そうなると、肌の乾燥がすすみ、シワやタルミの原因にもなります。


コラーゲン化粧品の選び方

そこで、ぜひとも乾燥肌の方にオススメしたいのは、コラーゲン入りの化粧品です。

コラーゲン入りの化粧品は様々なブランドから出ています。使い方によっては効果が半減してしまう場合がありますので、正しい使い方で、コラーゲンを肌に与えたいですよね。

正しい使い方とは、低分子コラーゲンとかいてある化粧品を使うという事です。低分子コラーゲンとは、コラーゲンの分子を小さくして、角質層にまで浸透できるようにしたものです。角質層まで入り込むため、乾燥肌には効果てきめんです。


コラーゲンの分子とお肌への浸透

スキンケアの後回し

コラーゲン分子が大きいと、角質層にまで浸透しないで、肌表面でのみ潤うため、なかなか効果が期待できません。

分子の大きいコラーゲンを保湿対策として使用するのなら、肌表面の保湿剤として、浸透させるのではなく、肌表面に水分を逃さないように、フタをするような感覚で使用して下さい。ワセリンなどと同じ要領です。

ただ、ワセリンとの違いは、コラーゲン入りの化粧品は肌表面に塗ることにより、保湿効果を発揮します。コラーゲンは物質になるので、水分が蒸発したあとも、肌表面に残る事になるからです。


コラーゲン配合化粧品の効果

プラセンタ,保湿効果,使い方

コラーゲン入りの化粧品は、真皮層までには届かないので、コラーゲン自体をどんどん増やす事はできませんが、乾燥肌の角質層を滑らかにして、保湿効果を高めてくれる作用は十分期待できます。

あまりにも乾燥肌が気になる時には、コラーゲン入りの化粧水でローションパックをすると、より効果があらわれます。