乾燥肌は肌のバリア機能が下がっているってどういうこと?

よく美容に関する記事を読んだりすると「肌が乾燥するとバリア機能が低下する」って、書かれていますよね。つまり乾燥肌は敏感肌ということなのですが、どうして肌が乾燥するとバリア機能が下がり、敏感になるのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




お肌にはバリア機能が備わっている

cfa75963d832b5556c44aafa7fc22fcf_s

私たちの肌には本来バリア機能が備わっています。

「バリア機能」というのは、外からの刺激や雑菌に対して、肌を保護してくれる機能のことです。

肌の角質層には「セラミド」という成分があります。最近は、化粧品にもこの「セラミド」がよく配合されているので、耳にしたことも多いのではないでしょうか。

セラミドは、角質層で、肌内部に水分を保持する機能を持っています。それと同時に、外敵や刺激から身体を守る役割も担っているのです。

セラミドが不足すると乾燥肌に

photo-1415201179613-bd037ff5eb29

乾燥肌にもいろいろなタイプがありますが、多くの場合、このセラミドが不足して乾燥肌を引き起こします。

お肌のセラミドが不足すれば、水分保持の力が弱くなりますので、肌がかさかさになります。

セラミドが不足すると、そのバリア機能も低下してしまいます。ですから、ちょっと刺激にも敏感に反応してしまい、肌トラブルを起こしやすくなるのです。

乾燥肌を改善して抵抗力をつけよう

乾燥肌の人は洗顔方法にも注意

つまり、乾燥肌を改善することが、敏感肌の緩和につながります。あらゆる肌トラブルの根本的原因は「乾燥」と「刺激」だといわれます。

乾燥肌を改善するためには、保湿ケアはもちろん、規則正しい生活も大切です。とくに睡眠は新しい肌細胞の生成に深くかかわりますので、良質の睡眠を十分にとる生活をおくりたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク