乾燥肌の原因は腸内環境!乳酸菌で潤い美肌作り

綺麗な肌を手に入れるために必要な正しい食生活。いくらスキンケアをしっかりやって睡眠をとっていても、毎日ジャンクフードを食べたり野菜を全く取らなかったりしたら、綺麗な肌を手に入れることは難しいですよね。中でも腸内環境の悪化は肌を乾燥させる大敵です。

今回は、腸内環境の悪化による乾燥と、その改善方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




乾燥肌の原因は腸内環境の悪化?

乾燥肌の原因は腸内環境

肌の大敵である乾燥肌ですが、その原因は、エアコンや紫外線・スキンケア方法などの外的な要因と食生活などの内的な要因に大別されます。そして内的な要因のほとんどが腸内環境の悪化だと言われています。

その原因は出産や暴飲暴食などが挙げられ、腸表面のバリア機能が弱体化してしまい有害物質が体に吸収された結果、皮膚の表面が炎症を起こしやすくなってしまうのです。このような問題は、どのようにして改善していけば良いのかを見ていきましょう。

乳酸菌が効果的?

乾燥肌改善には乳酸菌が効果的

肌に化粧水や美容液を塗ることは保湿持続にもちろん大切ですが、それらは実は乾燥の根本的な原因かもしれない体内部の改善にはなっていません。そこで注目されるのが乳酸菌です。腸内環境の改善には乳酸菌が効果的だと言われています

ヨーグルトや乳酸菌飲料などから摂取した乳酸菌は、体内に入った後2つの働きに分かれます。生きたまま腸まで届くものと、胃酸などの影響で死滅してしまうものです。

前者の生きたまま腸に届いた乳酸菌は、腸内に存在する善玉菌の増殖を促すばかりでなく、悪玉菌を退治する役割も持ちます。このような乳酸菌の働きによって腸内が綺麗になり、栄養も吸収しやすくなって、肌がきれいになるという仕組みなのです。

他にも効果が?

乳酸菌の効果

乳酸菌は乾燥に役立つと言われますがその他にも様々な効用があります。例えば、下痢・便秘です。下痢は病原菌の侵入や有害菌の排除する現象として、便秘は腸の運動低下や大腸菌等の異常増殖の現象として起こります。下

痢や便秘は私たちにとって悩みの種ですし、そのストレスによって肌に悪影響を及ぼしかねません。乳酸菌は、様々な角度から私たちの肌をきれいにしてくれるものだと言えそうです。

乾燥肌対策に乳酸菌を利用

乾燥肌対策に乳酸菌が効果的

腸内環境の改善方法についてご理解いただけたでしょうか。私たちの体と肌を健康に保つには、まず正しい食生活を送ることが大切です。すでに悪くなってしまった腸内の改善や体調が優れないときの補助としては、乳酸菌が一役買ってくれるでしょう。

体の中から健康を保ち、潤いとハリのある肌を手に入れるため、サプリメントなどを利用するのもおすすめです。



スポンサーリンク
スポンサーリンク