乾燥肌におすすめな美容オイル3選!

ベタつきが気になったり、乾燥肌にあまり良くないのではと敬遠されがちな美容オイル。使い方をしっかり守れば、どのスキンケアアイテムよりも優秀なアイテムなんです。

その中でも乾燥肌の方に特に使ってほしい美容オイルをご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




美容オイルは乾燥肌に最適

美容オイルと乾燥肌

ビタミンやミネラルがとても豊富な美容オイルは、健康な肌づくりのサポートをしてくれます。また、保湿力が優れているので肌なじみがとても良く、しっとりとした肌が出来上がってしまうんです。

そのコツとして、保湿クリームのようにスキンケアの最後に使うのではなくスキンケアの最初、つまり洗顔後の肌に美容オイルを使います。

そうすることで肌が柔らかくなり、その後に使う化粧水や美容液の浸透力が高まるんです。これで、ベタつくこともなくしっとりと潤いのある肌を実感できますよ。

ホホバオイル

ホホバオイル

ホホバオイルの主成分であるワックステルは、肌に似た成分で浸透力がとても高いです。また、このワックステルが肌表面のバリア機能となり、肌の水分が蒸発するのを防ぎ、肌にハリや潤いを与えて乾燥肌を改善してくれます。

また、乾燥肌がきっかけで起こるシワやたるみなどの肌の老化にも働きかけてくれる、アンチエイジング美容オイルとも言われています。

アルガンオイル

アルガンオイル

砂漠の地、モロッコで古くから乾燥肌の薬として使われてきたくらい頼りになる美容オイルです。。

クレンジングとしても使えるアルガンオイルは、肌への負担がほとんどありません。さらに、皮脂に似た成分で肌を保護し、ゴワついた乾燥肌を柔らかくしてくれます。

また、いつも使っている美容クリームに数滴混ぜることで、乾燥肌対策にピッタリなクリームになってしまうんです。

馬油

馬油

馬油は昔から、火傷、肌荒れ、ひび、あかぎれなどの民間治療薬として使われてきました。

美容オイルとしては、バリア機能が低下した乾燥肌の救世主と言われています。抗炎症作用があり、乾燥による痒みを抑制させる働きがあります。

使い方として守っていただきたいことは、まだ何もつけていない洗顔後の肌に使うことです。これにより、馬油の後に使うスキンケアを皮膚の奥まで浸透させることができ、滑らかな肌に整います。

美容オイルの使用で乾燥肌が悪化する?

美容オイルで乾燥肌が悪化する?

ただし、乾燥肌の人の中には、まれに美容オイルを使用して乾燥肌が悪化したという人もいるようです。

美容オイルは、自分のお肌の調子に合わせて、正しい使用方法で使うことがポイント。美容オイルにより乾燥肌が逆に悪化したことがある人は、美容オイルの選び方や使い方を見直してみましょう。

乾燥肌に効果的な美容オイルの選び方として、ここでおすすめした3つのオイルをはじめとする皮脂に近い成分のオイルを選ぶことです。

肌に使う時は、必要最低限の量をつけるようにしましょう。その際に強く擦り過ぎたりせず、優しく肌に馴染ませまるようにしてください。

まずは、洗顔後であるスキンケアの一番初めに使います。必要に応じてその後のスキンケアに混ぜたり、さらにオイルの特徴により、クレンジングやパックにも応用してみてください。

正しい使い空に気をつけて美容オイルを使えば、厄介な乾燥肌もしっとり柔らかな気持ちのいい肌へと変化することができますよ。あなたのお気に入りの美容オイルを見つけてみてください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク