シュガースクラブって何?乾燥肌にスクラブはNGじゃないの?

乾燥肌にとって、一番やってはいけないのが「刺激」です。ですから、乾燥肌の人がスクラブ洗顔や毛穴パックを行うと、乾燥が悪化することになります。しかし、最近話題になっているシュガースクラブなら、乾燥肌の人が使っても高い保湿効果が得られるというのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




乾燥肌の人にスクラブ洗顔はNG

乾燥肌の人にスクラブはNG

乾燥肌の人にとっては、刺激が一番の大敵です。普通のスクラブ洗顔はもちろん、洗顔時にごしごしこするのも厳禁です。毛穴パックもそうですが、スクラブ洗顔による強い刺激は、皮膚に必要な皮脂まで奪ってしまい、角質を傷つけることになるからです。

しかし、最近になって、シュガースクラブという美容法が話題を集めるようになりました。塩を使ったソルトスクラブは今までにもありましたが、シュガースクラブはまだ新しい方法です。

シュガースクラブとは、どのようなものでしょうか。乾燥肌の人が使っても美容効果が得られるのでしょうか。

シュガースクラブとは

シュガースクラブって何?

名前の通り、砂糖を使用したスクラブ方法です。塩に比べて砂糖は粒が小さく、その分低刺激なので、赤ちゃんの肌にも使えると評判です。

ソルトスクラブは角質を取り除き、肌を引き締める効果があります。一方シュガースクラブは、肌に潤いをもたらし、保湿力の高い「もち肌」にしてくれるのです。

赤ちゃんの肌に使っても大丈夫なくらい刺激が弱いので、乾燥肌の人のお手入れにも向いています。

シュガースクラブの作り方

シュガースクラブの作り方

基本の作り方は、水と砂糖を1:1で混ぜるというだけの簡単なものです。砂糖を直接肌に少量つけてマッサージした後、シャワーで洗い流してもかまいません。

シュガースクラブは、自分の好みにあわせて自由にアレンジすることもできます。水の代わりにオリーブオイルやココナツオイルを使ったり、ハチミツなどを加えても保湿効果が高まります。

刺激が弱く、小さな子供さんでも嫌がらないので、お風呂場で一緒にシュガースクラブするのもいいですね。

シュガースクラブのやり方

週に一回のシュガースクラブケアで潤い肌に

やり方も、とてもシンプルです。

大切なことは、スクラブを行う前に肌を清潔にしておくことです。肌の汚れを落とした状態で行うほうが、保湿成分が浸透しやすくなるからです。

  1. 肌をきれいに洗う
  2. シュガースクラブを肌になじませ、やさしくマッサージする
  3. そのまま少し時間を置いて洗い流すか拭き取る

シュガースクラブがいくら低刺激だからといって、ごしごしこするのは良くありません。やさしくマッサージした後は、少しの間、そのままにして、成分が肌に浸透するのを待ちましょう。

シュガースクラブをやるときの注意

シュガースクラブはやりすぎに注意

シュガースクラブは肌にやさしいといっても、全く刺激がないわけではありません。続けて使用するのは避け、乾燥肌の人なら1か月に2,3回程度から始めてみましょう。

もし、少しでも肌に異常があった時にはすぐにやめてくださいね。

入浴中に行うと、お風呂上りの乾燥肌がかゆくなるのも防止できます。手軽にできるシュガースクラブ、ぜひ試してみてください。



乾燥肌の人におすすめなクレンジング比較ランキング

乾燥肌の私が実際に使って最も効果的だった保湿化粧品比較ランキング

乾燥肌さんにオススメのクリームランキング5選

乾燥肌スキンケアおすすめ美容液比較