有酸素運動って何?ダイエットに効果大の理由

ダイエットには運動が必要なのは分かるけど、有酸素運動が一番効果的とよく言われていますね。
でも、そもそも有酸素運動って何なのでしょうか?ダイエットに効果的と言われる理由はどこにあるのでしょうか?

今さら聞けない、有酸素運動とダイエットの関連性を調べてみました。

スポンサーサイト

有酸素運動と無酸素運動

9296005677_4ae83eaf09_b
photo credit: 3º Pedal do Morato via photopin (license)

運動には大雑把に言って、有酸素運動と無酸素運動とがあります。無酸素運動って、運動中に呼吸しない運動のことかな?って私も思っていましたが、とんでもない勘違いでした(恥)!

無酸素運動とは・・・

16258717421_197a01dc8d_b
photo credit: Indoor Track and Field – Jim Mitchell Invitational at the Armory via photopin (license)

私たちは、呼吸することによって酸素をと入りれています。そしてその酸素を使ってエネルギーを作りだします。無酸素運動とは、エネルギーを生成する時に酸素を使わない運動のことだったのです。
具体的にはどんな運動のことかというと、短時間の急激な運動のことです。短距離走なんかがそうですね。

これらの運動を行う時、私たちは十分な酸素を体内に取り入れている暇がありません。そのため、私たちの身体は酸素がなくてもエネルギーに代わってくれる炭水化物をもとにエネルギーを作り出すのです。

だた、この運動の良くない点は、痛みや疲れを早くもたらすために、長時間運動を続けることが困難になります。

有酸素運動とは・・・

4387793360_0fdddb894c_o
photo credit: JCC_Swim_Meet_9_by_Kicks02 via photopin (license)

一方、有酸素運動とは、エネルギーを取り出すときに酸素を必要とする運動のことです。

私たちの身体の中で、エネルギーに代わるものは炭水化物の他に糖分があります。この糖分がエネルギーになるとき、酸素が必要とされるのです。

有酸素運動と言えば、スイミングやウォーキングがあります。私たちはこれらの有酸素運動を行うと、はじめのうちは糖分が消化されてエネルギーになります。しかし、だんだんと血糖値が下がってきますので、身体は他のエネルギー源を探すようになります。他のエネルギー源とは、身体に蓄えられている脂肪なのです。

だから、有酸素運動は脂肪を燃やす効果があり、ダイエットに最適だと言われるのですね。

世の中、いろんなダイエット方法が紹介されていますが、結局はウォーキングなどの有酸素運動が最もダイエット効果が高いと言われています。

確かに、身体についてしまった脂肪を燃やしてくれる有酸素運動は、ダイエットに必要不可欠なのかもしれませんね。

エルセーヌの大幅減量