フェイスエクササイズは逆効果?顔面体操はかえってシワやたるみの原因に

しわやたるみの予防方法として、フェイスエクササイズ(顔面体操)を取り入れている人は、多いと思います。表情筋を鍛えることにより、お肌のたるみを予防するというものですよね。確かに、意識して顔の筋肉を動かすことで、表情筋の衰えを防ぐ効果は認められています。

しかし、フェイスエクササイズや顔面体操は、やり方や程度次第では、逆にしわやたるみの原因になってしまうんです。顔エクササイズは、美容法として本当に効果的なのか、検証してみました。

スポンサーサイト

フェイスエクササイズという美容法

フェイスエクササイズは逆効果?顔面体操はかえってシワやたるみの原因に

顔の老化を予防する方法として、フェイスエクササイズ(顔面体操)という美容法があります。老化防止にある程度の効果があるとされていますが、その効能について確認しておきましょう。

そもそも、顔にシワやたるみができるのは、

  • 紫外線のダメージや加齢により肌内部のコラーゲンやエラスチンが破壊されること
  • 顔の表情筋の衰えにより、皮膚や脂肪が下に下がってしまうこと

の2つが考えられます(小じわは皮膚の乾燥が原因です)。

ですから、表情筋を鍛えれば、筋肉の不足によるたるみやシワを予防できる、というのが、フェイスエクササイズ(顔面体操)の考え方です。

顔エクササイズは本当に効果的?

顔エクササイズは本当に効果的?

その方法としては、「あいうえお」体操や、変な顔をする体操など、いろいろなものが紹介されていますよね。当ブログでも、いくつかの方法を紹介しています。しかし、問題なのはそのやり方です。

顔マッサージなどにしても、同様のことが言えますが、フェイスエクササイズ(顔面体操)は、正しいやり方で行わなくては、かえって逆効果になってしまうんです。

すでに紫外線や乾燥でダメージを受けているお肌を、伸ばしたりひっぱたりして、無理にエクササイズを行うと、肌にとっては大きな負担となります。過度な負担をかけられたコラーゲンやエラスチンは、かえってさらにダメージを受けてしまうことがあります。

一度傷ついた、これらの弾力繊維は、元に戻すのは困難です。これでは、せっかく美容のための行った顔エクササイズが、しわやたるみの原因になってしまいます。

お肌の新陳代謝をよくする効果もあるが・・・

お肌の新陳代謝をよくする効果もあるが

顔面体操には、筋肉を動かすことにより、血行をよくし、お肌の新陳代謝を上げるという効果もあります。ただ、例えば口を大きくあける、目を大きく見開くというタイプの、激しい顔エクササイズは、やりすぎると肌が伸びてしまい、シワやたるみができやすくなります。

老化防止のための美容法として、フェイスエクササイズ(顔面体操)を行うときは、専門家の指導を仰いだり、自分で正しい方法をきちんと学んでから行うようにしましょう。

また、素人が行うフェイスエクササイズよりも、次のような方法の方が安心かもしれません。

コラーゲンやエラスチンの生成を助ける食生活

バランスのとれた食事をとり、コラーゲンやエラスチンの生成をスムーズにするようにします。コラーゲンを直接摂取することもよいのですが、良質なたんぱく質を摂るように心がけるだけでもOKです。また、コラーゲンの生成にはビタミンCが必要とされますので、これを一緒に摂取するのが効果的です。

体温を上げて血行を促進

たるみやしわの予防には、お肌の新陳代謝をよくすることが大切です。それには、血行をよくすることが必要ですが、そのためには、マッサージやエクササイズ以外に、入浴などで体温を上げることも効果があります。

リンパマッサージ

顔の老廃物排出をスムーズにするためには、リンパマッサージが効果的です。リンパマッサージは、耳の下あたりから首の側面にそって、鎖骨までを優しくマッサージすればよいのです。強くこする必要はありません。

たるみ予防のマッサージ方法については、次の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

タルミにはマッサージが効く!たるみ対策マッサージで見た目年齢-5歳!

顔エクササイズはほどほどに

フェイス顔エクササイズはほどほどに

シワやたるみ予防として行うフェイスエクササイズ(顔面体操)。せっかく毎日頑張っているのに、そのせいでシワやたるみができてしまうのでは、悲しいですよね。

顔エクササイズを行うときには、正しい方法で、やりすぎに気を付けましょう。少なくとも、顔エクササイズだけで、エイジング対策を行うことは難しいといえます。他の方法を組み合わせて、そのアンチエイジング効果を最大にしたいものです。

しみ改善に効果的!医学雑誌に掲載された薬用美容ジェルってどうなの?