歩き方を変えるだけでダイエット効果あり!正しいウォーキング方法

体型維持や健康管理のためにダイエットしている人はたくさんいます。ダイエットと聞いて、思い浮かべるのは食事療法や辛い運動ですよね。運動は、健康的なダイエットには不可欠なものですが、なかでも有酸素運動が効果的と言います。

有酸素運動には水泳やウォーキングがあります。ウォーキングって、歩くことでしょ?ただ歩くだけでダイエットできるなんて、楽チンだと思いませんか。しかも、いつもの歩き方にちょっと気を付けるだけでダイエット効果を得ることができるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ウォーキングは有酸素運動

10899861393_3ca31c962b
photo credit: model via photopin (license)

確かにウォーキングはダイエット効果があります。それは、ウォーキングが有酸素運動だからです。有酸素運動というのは、体内でエネルギーを作り出すときに酸素を必要とする運動のことです。有酸素運動を行うと、はじめのうちは糖分がエネルギー源として消費されていきます。そうすると血糖値がさがり、身体は次に体内に蓄えられていた脂肪をエネルギーに変えようとするのです。

これがつまり、有酸素運動が脂肪を燃焼させる作用があり、ダイエット効果ももたらしてくれる仕組みなのです。

ダイエット効果のあるウォーキング方法

1861966134_602997a6b6
photo credit: IMG_1992 via photopin (license)

ウォーキングにダイエット効果があると言っても、ただ単にだらだら歩いていてもその効果は半減してしまいます。効果的なダイエット方法としてのウォーキングは、いつもの歩き方をちょっと気を付けて変えるだけでもたらされるのです。

1.歩くときの姿勢

まず、姿勢を正しましょう。猫背にならないように、背筋をまっすぐ伸ばします。視線は少し前方を見るようにしましょう。肩の力を抜いて、腕は自然におろした状態にします。

2.歩幅をやや広めに

歩くときはいつもより少し早目に歩きます。歩幅が少し広くなるように意識しましょう。脚は腰から動かすようにして、重心はぶれないように気を付けます。

3.かかとから着地、つま先で地面を蹴る

足はかかとから地面に着くようにします。後ろの足はつま先で地面を蹴り上げるように意識しましょう。

毎日の歩き方を意識して変えてみる

9470937514_d484ea8059_o
photo credit: via photopin (license)

どうでしょうか。簡単でしょ?

毎日の何気なく歩いている時に、この正しい歩き方を意識してみてください。ちょっとしたことで、運動量が増え、基礎代謝もあがり、痩せやすい体質になります。

気を付けたいのは、歩くときに左右どちらかに荷物を持ったりしないことです。通勤時にショルダーバックをかけて歩く女性は多いと思いますが、片方の肩にだけ負担がかかる状態では正しいウォーキングにはなりません。荷物を持つなら、両肩に平均して負荷のかかるリュックサックがオススメです。

置き換えダイエットならベルタ酵素ダイエット