背が低い悩みー身長が高く見えるカラーコーディネートのコツってある?

身長を高く見せるためのコーディネイト術 ファッション

モデルみたいに服を着こなしたい!!って思ったこと、ありますよね?

でも身長が低いとなかなか難しい‥と思われがちですが、身長を高く見せるカラーコーディネート術があるんです!

ここではそれを3つのポイントに分けてご紹介します。

スポンサーリンク

とにかく目線を上に!!

身長が低い人の場合、目線が上にくるようにトップスやアウターのカラーは、明るめの色を選びましょう。ホワイトやイエロー、蛍光色などで、柄ならストライプが縦のラインを強調してくれるので、身長が高く見える効果があります。

他にも首〜胸のあたりに柄が入っているトップスや、小物はネックレスやストールをプラスすると、上の方にポイントを作れるのでオススメです。

ボトムはシンプルに!!

トップスに目線を持っていかせるためにも、ボトムはベーシックなカラーですっきりとまとめるのがベスト。

ブラック、ベージュ、ブラウン、カーキなどの落ち着いた色のシンプルなパンツを合わせるとGOOD!。

ただし、ワイドなシルエットのパンツやロングスカートなどは暗い色だと逆にボトムが目立ってしまうので、ホワイトやパステルカラーの方がオススメです。

それ以外にも、ウエスト位置が高いとスタイルアップにつながるので、ハイウェストのパンツを短めのトップスと合わせたり、ワンピースはウエスト切り替えが上の方のものを選んでみましょう。

同色でまとめる!!

最後の仕上げの足元は、靴とボトムの色を合わせて脚長効果を狙いましょう。

スカートの時など、素足の時は肌の色に合わせてベージュの靴を履くと、視覚効果で脚が普段より長ーく見えます。

CHANELの代表的なベージュのパンプスもその効果を利用しているみたいですね!

ブーツは小柄な人の場合、膝が隠れない長さのものがオススメ。

さらにインナー+ボトム+靴を落ち着いた同色で統一してアウターだけを明るい色にすると、最大限に縦ラインを作れます。

身長を気にせずいろんなスタイルに挑戦!

小柄=かわいい系ファッション だけじゃもったいない!

全体のカラーバランスと視覚効果を使えば、身長が低い人でも 工夫次第でスタイルアップが実現できます。

ぜひ、いろんなスタイルを楽しんでみてくださいね!

トップへ戻る