クコの実の美容効果とおすすめな食べ方

見た目も赤くて華やかで、杏仁豆腐の上などに彩として添えられていることが多いクコの実ですが、実は高い美容効果を備えています。

別名「ゴジベリー」とも言い、最近はスーパーでも簡単に手に入れることができますよね。でも、実際にどのように食べればいいのか、あまりなじみがない食べ物でもあります。

今回は、そんなクコの実の持つ美容効果と、おすすめの食べ方について紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




クコの実のもつ美容効果とは?

クコの実,効果,食べ方

1.ダイエット効果

クコの実にはビタミンB2が含まれており、新陳代謝を高め、脂肪燃焼をサポートしてくれます。

さらに、β‐シトステロールという成分が、腸のコレステロール吸収を抑え、血中コレステロール値も下げてくれるのです!

2.美白・美肌効果

ビタミンCも豊富に含まれているため、メラニンの沈着を防ぎくすみやシミの発生を抑えてくれます。

また、もう一つの美肌成分、タンニンが毛穴を引き締め、すべすべ肌に導いてくれるのです。さらに、なんとコラーゲンも含まれているので、紫外線対策にも効果的なんですよ。

3.アンチエイジング効果

クコの実に含まれるルチン、タンニン、ビタミンC、ゼアキサンチンには、高い抗酸化作用があり、活性酸素の発生を防いでくれます。

活性酸素と言えば、アンチエイジングですよね! 肌のさび付きを抑え、いつまでも若々しく健康的な体を維持してくれますよ!

また、クコの実にはホルモンバランスの乱れを改善する効果があるため、加齢とともに起こるホルモンの影響による不調も改善していくことができます。中国では、昔から女性にいい食べ物として珍重されてきたのも納得です。

クコの実のおすすめの食べ方

クコの実,効果,食べ方

クコの実は、生タイプと乾燥タイプで販売されていますが、生タイプはあまり保存がきかないため、乾燥タイプのほうが手軽に購入することができます。

生タイプをもし手に入れることができるなら、その食感や風味を活かしてサラダなどに入れて、アクセントに使用してもおいしく召し上がっていただけます。

乾燥タイプは、そのままだとあまり味がなく、硬いので一度柔らかく戻して食べる方法がおすすめです。簡単なのは、前日にヨーグルトに混ぜておく方法です。クコの実が程よく水分を吸い柔らかく食べやすくなります。

このとき、プルーンや他のドライフルーツを入れるとさらにおいしくておすすめですよ。

また、オレンジジュースやシロップなどで煮詰めて柔らかくしてからヨーグルトやシリアルに混ぜる方法も人気です。

クコの実はカロリーが高いため、食べ過ぎには注意が必要です。1日20粒を目安に食べていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連記事