薄毛や抜け毛対策に大豆イソフラボンがおすすめの理由と摂取方法

今すぐできる白髪を増やさないための予防法 薄毛・抜け毛対策の食べ物

薄毛や抜け毛対策に、大豆イソフラボンが効果的という話をよく聞きます。しかし、大豆イソフラボンって、いったい何なのか、どうやって摂取するのがおすすめなのか、よく分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、薄毛や抜け毛対策に大豆イソフラボンがおすすめの理由と摂取方法について、まとめました。


スポンサーリンク

大豆イソフラボンとは

今すぐできる白髪を増やさないための予防法

大豆イソフラボンの主な機能には「エストロゲン作用」と「抗酸化作用」があります。

この2つの機能が相乗効果を発揮することで、健康や美容に大きな効果をもたらしてくれます。

女性ホルモンに似たエストロゲンの働きをする栄養素で、男性の薄毛対策に使用されることがあります。


大豆イソフラボンの育毛効果

今すぐできる白髪を増やさないための予防法

体毛は女性ホルモンで薄くなりますが、髪の毛は男性ホルモンが多いと薄くなります。

薄毛や抜け毛の原因は、女性ホルモンの減少によるものです。

大豆イソフラボンを摂取すると、女性ホルモンであるエストロゲンを活発化させる作用で、男性ホルモンを抑制し、髪の発育・育毛に良くない成分を防いでくれるため、髪の毛の悩みに効果があるとされています。

唐辛子などに含まれる辛味成分のカプサイシンの刺激も、頭皮や育毛に良い効果を及ぼすとされています。

カプサイシンと大豆イソフラボンの両方には、主に発毛・育毛を促進する効果があるため、併用することで髪が抜けにくく、生えやすい状態を作ることができるということです。


大豆イソフラボンの摂取方法

もっと知りたい女性ホルモンのこと!薄毛や抜け毛とホルモンバランスの関係

イソフラボンの摂取方法は、きな粉、納豆、豆腐、油揚げ、豆乳、味噌、醤油などの大豆食品から摂取できます。

大豆イソフラボンの一日の目安摂取量の上限は70~75mgと設定されています。

サプリメントなどの健康食品の摂取量は30mgまでを上限に設定されています。

イソフラボン摂取量は、摂り過ぎると健康への悪影響もあることから摂取方法には注意が必要です。


大豆イソフラボンがおすすめの理由

女性の薄毛「びまん性脱毛症」の3つの種類

女性ホルモンであるエストロゲンは、思春期の女性に多く分泌され、女性らしい体型や潤いのある肌を維持するもので、思春期をピークに減少していきます。

大豆イソフラボンは女性ホルモンのような働きをするため、育毛効果以外にも、美肌効果・月経不順・更年期障害・骨粗鬆症予防など、男女問わず嬉しい効果がたくさんあります。

女性にうれしい効果がたくさんありますので、毎日の食事で積極的に摂取したいですね。

女性の薄毛対策のサプリメントって効果あるの?
今どきの女性は20代でも薄毛を気にする人がいます。それは生活スタイルが変化し、ストレスやホルモンバランスによる薄毛が増えてきているからです。 薄毛対策と言うと、育毛剤や育毛シャンプーを使っている人が多いと思います。しかし、毛髪は身体の...

人気の女性用育毛サプリ「マイナチュレ」を最安値で購入する方法

タイトルとURLをコピーしました