薄毛を目立たないようにするヘアスタイル(女性)の工夫

少々の薄毛なら髪形を工夫するだけで目立たないようにすることができます。薄毛が気になる女性のヘアスタイルで気を付けたいことをまとめてみました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




前髪の薄毛を隠すヘアスタイル

生え際の薄毛を目立たなくするヘアスタイル

おでこの生え際の薄毛が気になって、どんどんおでこが広くなってきているように見える・・・こんな人は前髪のヘアスタイルを工夫しましょう。

私が良くやるのは、前髪を9部分けや8部分けにして、頭のてっぺんのあたりから髪の毛をおでこにたらします。そして、おでこを隠すように横へながします。髪が長い女性は、とてもやりやすい方法です。こういう前髪のスタイルは、もともとみんなよくやっているので、薄毛を隠しているとは絶対にばれません(笑)。

もしくは、思い切ってショートにするという方法もあります。トップから大目に前髪を作って、ワックスなどでふんわり感を持たせてあげます。美容師さんに相談してみるとよいですよ。

もしくは、キャップ帽をかぶってごまかしたり、ヘアターバンなどを巻いて生え際を隠す方法もあります。

頭頂部の薄毛を隠すヘアスタイル

頭頂部の薄毛を隠すヘアスタイル

女性で頭頂部の薄毛を気にしている人はたくさんいます。頭頂部って、自分では良く見えないですが、座っている時や後ろから見られた時には、けっこう目立つんですよね。

頭頂部の薄毛を隠すには、ポンパドゥールが簡単です。髪の毛が長い女性にオススメのヘアスタイルです。前髪を多めにとり、後頭部に向かってクシでとかしてクリップやバレッタでとめます。

薄毛の範囲や状態により、やりにくい人もあるかもしれません。前髪と髪飾りを利用して、うまく薄毛部分を隠してください。

太目のカチューシャやヘアバンドで薄毛部分を隠す方法もあります。前髪やサイドの髪をカチューシャを使って後ろ部分に持ってくることで、気になる薄毛部分をカバーできます。

https://bijin.click/haircare/blog/hairstyle/length

ウイッグは最後の手段?

かつら、ウイッグは使いにくい

ウイッグを使う方法もありますが、ウイッグはよほどちゃんとしたものでないと、いかにもウイッグを付けていますという感じが出てしまいます。特に前髪の薄毛部分を隠すのに使う前髪ウイッグは、ちょっと使いづらいと思います。

できれば、ヘアスタイルを工夫することで、気になる薄毛部分を隠す方が自然です。


ドライヤーでボリュームを出す方法

ドライヤーで髪のボリュームを出す

ドライヤー使いが上手な人は、ドライヤーでヘアセットしてボリュームを出すこともできます。でも、慣れていない人にはちょっと難しく、時間が経つごとに髪の毛のボリュームがダウンしてしまいがちです。

さらに、ドライヤーの熱は、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまいますので、長時間の使用は逆に薄毛を進行させてしまうことがあります。

普段のヘアスタイルを工夫しながら、薄毛対策や育毛対策を行うのが最良だと思います。

加齢やホルモンバランスの乱れ、度重なるパーマやカラーによる頭皮へのダメージによる薄毛に悩む多くの女性たち。今、そんな女性たちが頼るの...