私(女性)がやっている最低限の薄毛・抜け毛対策5つ

薄毛対策とか、育毛とか、どうしても中年男性のイメージがありますよね。自分で、抜け毛が気になり始めたころ(今でも)、女性の薄毛って、気になっていても親しい友人にも相談しにくいものです。でも、薄毛はホルモンバランスの乱れによっても起こるので、妊娠などでホルモンのバランスを崩しやすい女性は、もともと薄毛になりやすいといえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性の薄毛は気づきにくい

頭頂部の薄毛は生活習慣病の前兆かも

男性と女性の薄毛の原因は異なることが多いので、薄毛の状態も異なることが多いようです。男性の場合、生え際から始まるケースが多いですね。

でも、女性の薄毛は、後頭部や側頭部、頭頂部から始まることが多いので、なかなか気づきにくいものです。最近は若い女性にも、薄毛や抜け毛で悩む人が増えていますが、そうなるとますます自分の薄毛に気付きにくいものです。

私が自分の薄毛を気にし始めたのも、主人に指摘されてからです。生え際も気になってはいましたが、側頭部の薄毛を指摘されて、最初は彼がふざけているのかと思いました。

薄毛に悩んでいる女性は多い

実際に、薄毛のための商品を探したり、抜け毛予防に良いことを調べたりしていると、薄毛で悩んでいる女性はとても多いことが分かります。女性専用の薄毛対策商品もたくさん出てきているので、いろいろ選べるのも嬉しいです。

育毛剤や育毛シャンプーなど、薄毛対策に良いものはたくさんあります。でも、スキンケアと同じで、育毛も普段の生活習慣や食事がとても大切です。

そんな中で、私が育毛のために気を付けていることをまとめてみます。

1.爪は伸ばさない

薄毛・抜け毛対策、爪は伸ばさない

女性ですから、マニキュアやつけ爪のおしゃれを楽しみたい気持ちもあります。でも、髪を洗う時に頭皮を傷つけたくないので、爪はいつも短く切りそろえています。

薄毛対策で、毎日のシャンプーは大変重要です。シャンプー剤やシャンプーの方法が、抜け毛の原因になることもあります。ですから、シャンプーには特に気をつかっています。

シャンプー剤を肌にやさしいものや育毛効果のあるものに変えても、爪で頭皮を傷つけてしまっては元も子もありません。髪を洗う時には、爪を立てずに指の腹で頭皮をマッサージするように洗います。

2.食事の味付けは薄めに

薄毛・抜け毛対策、食事の味付けは薄味

普段の食事は、薄めに味付けするようにしています。濃い味付けのものや、脂っこい食事は、余分な皮脂を分泌させる原因になります。頭皮の毛穴に皮脂が詰まると、髪の毛の正常な発育を妨げることになります。

薄味の食事は、生活習慣病の予防にもなります。最初はちょっと物足らなく感じても、すぐになれるものです。

同様に、ジュースなどの甘い飲み物もなるべく取らないようにしています。

3.ストレスをためない

薄毛・抜け毛対策、ストレスをためない

現代はストレス社会ですから、ストレスをためないで過ごすのはとても難しいです。でも、ストレスは、間違いなく薄毛の原因になります。自分の外にある社会が変わらないなら、自分の考え方を変えるしかありません。

細かいことにくよくよしないで、何事にもおおらかに対処できるように、気持ちをコントロールするようにしています。

ストレスがたまってきたという時には、現実逃避することも大切だと思います。自分らしいストレス解消法を見つけることが大切だと思います。私の場合は、ふらっと一人で旅行に出てみたり、女友達と飲みに出かけたりします。

4.育毛商品は安心できる会社のものを使う

育毛剤は女性専用のものがおすすめ

これだけ、いろんな育毛商品が出回ると、中には感じの良くないメーカーもあります。商品を注文したり、問い合わせたりする時に対応してくれるアドバイザーの中には、育毛の悩みを煽るようなセールストークをする人もいます。

抜け毛の不安を煽るような話し方をする会社の商品に限って、あまり品質が良くないことが多いものです。商品を選ぶときには、きちんと丁寧に対応してくれる、安心して購入できる会社のものを選ぶようにします。

女性の薄毛対策用育毛剤おすすめ比較ランキング
加齢やホルモンバランスの乱れ、度重なるパーマやカラーによる頭皮へのダメージによる薄毛に悩む多くの女性たち。 今、そんな女性たちが頼るの...

5.薄毛のことをあまり気にしすぎない

薄毛・抜け毛対策、あまり気にしすぎない

これが、もしかしたら一番大切なことかもしれません。薄毛や抜け毛は気にすればするほど、それがストレスになり症状が悪化するといいます。

私の場合は、気づくのが早かったおかげか、いろんな育毛対策を行たおかげか、いくらか改善されつつあります。それでも、時々自分で鏡を見ていて、気になるときもあります。

どうしても気になるときは、帽子やヘアアクセでごまかしたりしています。

「このままどんどん抜けていってしまうのでは・・・」と不安になることもありますが、出来るだけ、前向きに考えるようにしています。良く「病は気から」とも言います。抜け毛も本当にその通りだと思います。

薄毛対策として、できるだけのことをして、あまりネガティブに考えないようにしています。

ヘアケアもスキンケアと同じ

基本的には、ヘアケアもスキンケアと同じだと思います。肌にとって良くないことは、髪の毛にとってもよくありません。育毛に効果のある商品を使うことも大切ですが、それよりもむしろ生活習慣を見直す方が、効果的だったりもします。

睡眠、食事、ストレス、いろんな方面から生活を見つめ直してみましょう。小さなことの積み重ねで、抜け毛が減ったりする場合もありますよ。

アミノ酸系ノンシリコンシャンプー比較ランキング【レビュー記事あり】
アミノ酸系やノンシリコンシャンプーが人気急上昇中です。それだけ、髪の毛と頭皮にいいものが求められるようになったということでしょう。最近は、ア...
スポンサーリンク
スポンサーリンク