飲酒が抜け毛の原因になるって本当?飲酒と薄毛の関係

飲酒は気分もリラックスできるし、血行も良くなって髪にもよさそうに思いますが、実際には抜け毛の原因になることはご存知ですか?飲酒が抜け毛の原因となる理由は3つあります。詳しく見て行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




飲酒に伴う亜鉛不足

飲酒と薄毛、抜け毛の関係

飲酒が抜け毛の原因となるのは、アルコールを分解する際に大量の亜鉛消費を伴うためです。亜鉛には髪の材料となるタンパク質の合成をサポートする働きがありますが、飲酒により亜鉛不足を招き抜け毛につながります。

また、飲酒による亜鉛不足は男性型脱毛症AGAを誘発する原因となります。亜鉛には脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」を作り出す5αリダクターゼの働きを抑制する作用がありますが、不足するとDHTの産生を促します。DHTが増加すると抜け毛も増えてしまいます。

酒は百薬の長と言われますが程々にしましょう。

飲酒による皮脂の過剰分泌

アルコールと糖分、皮脂に与える影響、薄毛や抜け毛の原因になる?

飲酒は糖分の過剰摂取につながり、抜け毛の原因となります。

お酒は米や小麦などの穀物、芋、果実などを原料とし、大量の砂糖を使って作る場合もあるために糖分を多く含みます。糖分を摂り過ぎると皮脂分泌が過剰になって頭皮の毛穴を詰まらせたり、肥満につながることで血行不良を招き、髪に必要な栄養の補給を妨げるので抜け毛を誘引します。

飲酒は控えめにし、脂肪の分解を助けるビタミンB2を含む大豆製品、脂肪の分解を促し蓄積を防ぐ生姜、脂肪の吸収を阻害するきのこ類を取り入れるようにしましょう。

飲酒による睡眠の質の悪化

アルコールは、睡眠の質を低下させ抜け毛の原因に

飲酒は睡眠の質を低下させるため、抜け毛の原因となります。良質な睡眠は成長ホルモンの分泌を活発にし、髪を作るのに役立ちます。ところが、飲酒はアルコールを分解する際に出るアセトアルデヒドの影響で睡眠の後半に眠りを浅くします。アルコールの利尿作用で睡眠の途中にトイレのために起きたり、脱水症状を招いてのどの乾きで起きてしまう場合もあり大切な睡眠を邪魔してしまいます。

しかも、脱水症状は血液の流れも鈍化させるために、髪に十分な栄養を運べなくなり抜け毛につながります。抜け毛を予防するために、寝付きを良くするための寝酒は控えた方が無難です。

過度の飲酒は抜け毛の原因に

薄毛抜け毛予防には飲酒はほどほどに

飲酒は亜鉛不足、皮脂の過剰分泌、睡眠の質の悪化を招くために抜け毛の原因となります。だからと言って、飲酒は抜け毛の原因となるからと禁酒してストレスを溜め込むと、かえって抜け毛を増やしてしまうこともあります。適度な飲酒であればリラックス効果も得られ、抜け毛の大敵のストレスの解消に役立ちます。程々の楽しい飲酒で、抜け毛を防ぎましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク