放っておくと抜け毛を招く?脂漏性皮膚炎(湿疹)の原因と主な症状

頭皮にかゆみがあったり、赤くなったりするのは、もしかしたら脂漏性皮膚炎(湿疹)かもしれません。脂漏性皮膚炎は、皮膚病の一種ですので皮膚科での治療が必要です。脂漏性皮膚炎とは、どんな症状で何が原因なのか、まとめてみました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




脂漏性皮膚炎(湿疹)ってどんな病気?

脂漏性皮膚炎(湿疹)って何?原因と主な症状

脂漏性皮膚炎(湿疹)は、皮脂腺が多く皮脂の分泌の多い頭皮や顔に起こりやすい、皮膚病の一種です。耳の後ろやわきの下、太ももの付け根などに起こることもあります。

その症状は、痒み、皮膚が赤くなることが多く、皮膚がカサつきが挙げられます。乾燥した皮膚がはがれて落ちる場合もあり、一見フケ症のように見えてしまうこともあります。放置するとかゆみはどんどんひどくなり、頭皮にかさぶたのようなものが目立つようになります。

毛穴につまった皮脂が酸化することにより、加齢臭のようなニオイを放つ原因ともなります。

炎症が起こため痛みを感じる人もいます。さらに悪化すると、抜け毛につながることもあるので、早めの対策が必要です。


脂漏性皮膚炎(湿疹)の原因

白髪の原因がストレスって本当?白髪と生活習慣の関連性

脂漏性皮膚炎(湿疹)の原因と考えられているのは、皮膚に常在しているマラセチアというカビ(真菌)の一種によるものです。マラセチアは、皮脂腺から分泌される皮脂を好み、それを栄養源として繁殖します。

皮脂が過剰分泌された皮膚にマセラチア菌が異常繁殖してしまい、頭皮や顔に炎症ができてしまった状態が、脂漏性皮膚炎です。

男性ホルモンは、皮脂の分泌を活発にする働きがあるので、比較的男性に起こりやすい症状です。

しかし、最近は女性でも脂漏性皮膚炎(湿疹)になる人が増えています。その原因は、生活習慣の乱れや、ストレスなどからホルモンのバランスが崩れてしまい、皮脂コントロールがうまく行われなくなり、マラセチア菌が繁殖しやすくなっていると考えられます。

さらに、間違ったシャンプー方法も脂漏性皮膚炎(湿疹)の原因の一つになっていることがあります。


脂漏性皮膚炎(湿疹)予防と対策

白髪の原因がストレスって本当?白髪と生活習慣の関連性

脂漏性皮膚炎(湿疹)のは、フケ症と勘違いされることも多く、重症化してから気づくことも少なくありません。再発を繰り返すことも多いので、できるだけ早く医師の診察を受けることがおすすめです。

脂漏性皮膚炎(湿疹)を予防するには、日常生活で気をつけたいことがあります。


1.頭皮を清潔に保つ

まずは頭皮を清潔に保つことが大切です。シャンプー剤はお肌に低刺激性のもので、なおかつ洗浄力が十分なものを選びましょう。正しいシャンプー方法を行うようにします。

ただし、髪の毛を清潔に保つために、過剰に洗髪を行うこともよくありません。シャンプーの回数は1日1回までとして、ていねいにすすぎを行い、シャンプー剤のすすぎ残しがないようにしましょう。

抜け毛や薄毛に悩んでいる女性の中には、シャンプー法が正しくできていない人が意外と多いのです。頭皮を傷つけずに、抜け毛を予防するシャンプー方法...


2.バランスの良い食事

皮脂の過剰分泌を防ぐには、バランスの良い食事が肝心です。

特に、ビタミンB群を多く含む食品(レバー、しじみ、牛乳、卵、 ほうれん草、トマト、キャベツ、シイタケなど)を積極的にとるようにしましょう。

肉食中心の食事を避け、アルコールや刺激物を控えることも効果的です。


3.ストレスをためない

ストレスは、自律神経のバランスを崩し、皮脂コントロールに影響を及ぼします。ストレスを感じない生活というのは難しいかもしれませんが、自分なりのストレス発散方法を身につけ、ストレスをためないようにこころがけましょう。


4.十分な睡眠をとる

頭皮は皮膚の一部ですので、夜眠っている間に修復されます。つまり健康的な頭皮を保つには、良質な睡眠が必須だということです。

できるだけ毎日決まった時間に就寝し、熟睡できるように環境を整えると良いでしょう。


5.紫外線対策をする

お肌の紫外線対策は行っていても、頭皮の紫外線対策はおろそかになりがちです。しかし、頭皮も日焼けをしますし、紫外線のダメージはお肌に負担をかけてしまいます。

特に脂漏性皮膚炎(湿疹)を発症しているときは、頭皮のバリア機能が下がっていますので、紫外線によるダメージも大きくなります。


脂漏性皮膚炎(湿疹)を放っておくと抜け毛や薄毛の原因に

脂漏性皮膚炎(湿疹)って何?原因と主な症状

脂漏性皮膚炎(湿疹)が頭皮にできた場合、そのまま放っておくと毛穴に負担をかけるために、抜け毛や薄毛の原因になることがあります。おかしいなと思ったら、早めに医師に相談するのが安心かもしれませんね。

また、普段から生活習慣でできる予防法を行っておくことも大切ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク