女性の薄毛「びまん性脱毛症」の3つの原因と種類

女性の薄毛「びまん性脱毛症」の3つの種類薄毛・抜け毛の原因

女性と男性の薄毛の原因は異なります。そのため、現れてくる症状も違っています。男性の薄毛はある部分が一気に薄くなるタイプが多いのですが、女性の薄毛は全体的に髪のボリュームが少なくなる「びまん性脱毛症」が多いといわれます。

びまん性脱毛症にも、その原因別に3つの種類に分かれます。

スポンサーリンク

女性の薄毛と男性の薄毛

女性の薄毛「びまん性脱毛症」の3つの種類

男性の薄毛は生え際や頭頂部などのある部分に顕著に症状が現れる人が多いです。その原因も、遺伝によるものが大きいといわれます。一方、女性の薄毛は、髪全体のボリュームが少なくなる「びまん性脱毛症」がほとんどです。

「びまん」というのは、全体的にという意味を持っています。この女性のびまん性脱毛症にも、人によって原因が異なり、大きく3つの種類に分けることができます。

びまん性脱毛症の3つのタイプ

1.細く短い毛が増えるタイプ

女性型脱毛症といわれるのがこのタイプです。日本人女性で一番多いと言われています。原因は遺伝的要素が強く、頭頂部を中心に、一部の毛が細く短くなってしまいます。

男性のようにすべての毛が細く短くなってしまうわけではありません。しかし、髪の毛が太く長く育つことが困難になっている状態ですので、ボリュームが減ったように見えてしまいます。

年齢に関係なく発症するので、若い女性でも早めの対策が必要です。

2.毛の密度が少なくなるタイプ

女性の場合、無理なダイエットやストレスなどにより、栄養不足になることがあります。栄養バランスが乱れてしまうことで、毛周期がくずれてしまい、本来成長期であるはずの毛が休止期に入ってしまうことが原因です。

そのため、抜け毛が増え、毛の密度が小さくなります。結果、髪の全体としてボリュームが減ったように見えてしまいます。

薬剤などの副作用により起こることもあります。

3.加齢による毛が細くなるタイプ

65歳以上の女性に見られるタイプです。加齢性脱毛症といいます。

年齢を重ねていくと、髪の毛は細くなります。このため、髪のボリュームが減って見えてしまいます。原因は加齢ですが、正しいケアを行うことで、もとどおりの豊かなボリュームを取り戻すことも可能です。

複数の原因が重なって起こる薄毛

女性の薄毛「びまん性脱毛症」の3つの種類

女性の薄毛の原因は、上記のようなことが主なものですが、たいていはこれらが複合的に重なって薄毛の症状を引き起こしています。加齢によって薄毛になることも確かですが、ていねいなケアを行うことで、改善することは可能です。

特に女性の場合は、男性の薄毛に比べて改善しやすいといわれます。髪のボリュームで見た目年齢も変わってきますので、あきらめずに毎日のエイジングケアを行っていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました