夜寝る前の食事は薄毛や抜け毛になる原因?

寝る前,食事,薄毛 薄毛・抜け毛の原因

薄毛が気になり始めたら、生活習慣の見直しが必要かもしれません。今回の記事では、その中でも、夜寝る前の食事が薄毛の原因になっているかもしれないということにフォーカスします。

就寝前の食事が頭皮環境に良くないというのは、どういうことなのでしょうか。


スポンサーリンク

寝る前の食事が薄毛の原因に!

寝る前,食事,薄毛

寝る前に食事をすると薄毛や抜け毛になる原因になります。

薄毛や抜け毛は食習慣に大きく影響します。睡眠前に食事をしてしまうと睡眠時に血流が悪化します。

髪の毛というのは睡眠中でも作られているのですが、寝る前に食事をしてしまうと、その食事を消化するために胃に血流が行ってしまいます。

そのため髪の毛を作るために必要な血流が不十分になって、髪の毛や頭皮に栄養がなくなってしまい、薄毛や抜け毛になってしまいます。


肥満も薄毛の原因

寝る前,食事,薄毛

また、寝る前に食事をしてしまうと肥満にもなりやすく、肥満も薄毛や抜け毛の原因になります。

夜というのはカロリー吸収がよく、寝る前などに食事を摂ってしまうと太りやすくなってしまいます。その状態を続けてしまうと肥満になってしまいますよね。

肥満というのは血管内の血のめぐりが悪くなったり、頭皮の皮脂の過剰分泌や毛穴が詰まりやすくなり、そのため髪の毛や毛根の栄養不足になってしまい、薄毛や抜け毛になってしまいます。


どうしても何か食べたいというときは

寝る前,食事,薄毛

仕事の終わりが遅かったりやどうしても寝る前にご飯を食べないという場合は、比較的に悪影響がない食事をすることを心がけましょう。

高脂肪分の食事やアルコールは良くないので避けるようにしてください。比較的に悪影響のない食事というのは、野菜スープやヨーグルトなどがおすすめです。

睡眠時というのは髪の毛にとっては大事な栄養補給する時間です。できるだけ寝る前に食事を摂らないようにしてあげることが、薄毛や抜け毛を防ぐことになります。

毎日のちょっとした心がけで、頭皮環境をベストな状態に保つようしたいですね。

薄毛や抜け毛対策に良くない7つの食習慣
抜け毛を予防して、薄毛対策を行うには、育毛剤や育毛シャンプーに頼るだけでは難しいものです。髪は美肌と同じく、体の内側からもケアしなくてはいけません。そのためには、食習慣も大切です。
タイトルとURLをコピーしました