糖分の取りすぎが頭皮環境に良くない理由

糖分,薄毛,原因 薄毛・抜け毛の原因

普段食べている食事だけでも、大量に入っている糖分。日本人ならほぼ毎日のほうに食べているお米は炭水化物ですが、体内で分解されると糖分に変身してしまいます。

更に甘いジュースや、つい手が伸びてしまうお菓子にも糖分はたっぷり。この糖分は肥満の原因だけでなく、薄毛の原因にもなることをご存知でしたか?


スポンサーリンク

恐怖!糖分が薄毛をつくる理由

糖分,薄毛,原因

体内に取り入れた糖分を分解するとき、ビタミンB群を大量に消費します。ビタミンB群は体内の不要な老廃物を出し。身体全体の代謝機能を高める働きがあります。

糖分の分解によってビタミンB不足の状態になってしまうと、身体の代謝機能が落ちてしまい、頭皮は皮脂をたくさん分泌するようになります。

この皮脂が毛穴に詰まり、頭皮が荒れたり、毛根が弱ることで髪の毛が抜け落ちやすくなるなどなどトラブルの原因にも。

血行不良や炎症を起こすため、新しく生えてくる部分に栄養が行き渡りづらく、髪の毛が生えにくい環境が出来てしまいます。

糖分のとりすぎは頭皮環境に悪く、薄毛の原因ともなってしまうのです。


薄毛の治療に糖分を制限?

糖分,薄毛,原因

抜け毛や薄毛の治療をしているクリニックでは、実際の患者さんに糖分の摂取を制限するようアドバイスすることもあります。

糖分を制限した患者さんは糖分を制限していない状態に比べて、頭皮環境が整いやすく、血行も良くなります。

毛根や新しく生えてくる部分に栄養が行き渡りやすくなるのです。

その結果以前よりも黒くて太い髪の毛が生えてくるようになったり、ボリュームが増すなどの効果もみられるそうです。


ストレスになりすぎない方法で

糖分,薄毛,原因

ただし、極端に糖分を制限するとストレスが溜まる場合もあります。頭皮がベタつく場合には、少しおやつを控えてみるなど試してみると良いかもしれません。

薄毛や抜け毛対策に良くない7つの食習慣
抜け毛を予防して、薄毛対策を行うには、育毛剤や育毛シャンプーに頼るだけでは難しいものです。髪は美肌と同じく、体の内側からもケアしなくてはいけません。そのためには、食習慣も大切です。
タイトルとURLをコピーしました