私のおすすめ!髪と頭皮にやさしいシャンプーたち

シャンプー選びは髪のエイジングケアの第一歩!
髪と頭皮にやさしいシャンプーを紹介します。
どれも自分で実際に使ってみた、口コミとレビューとして書いています。
シャンプー選びに迷っている人は、ぜひご覧ください!

私が使ったお気に入りシャンプーを見てみる

失敗しない白髪染めの選び方とコツ

今すぐ何とかしたい!白髪を目立たなくする方法白髪染め

白髪が増えてきたときに、便利なのは白髪染めです。でも、初めての白髪染めを購入するときには、どの色がいいのかわからないことも多いですよね。

白髪染めのトーンはいくつかの種類があり、自分に合わないものを選ぶと、かえって不自然に見えてしまうことがあります。

白髪染めで失敗しないための、選び方について、まとめました。


スポンサーリンク

顔の色に合わせて白髪染めを選ぶのは間違い

今すぐ何とかしたい!白髪を目立たなくする方法

白髪染めには、ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウンなど、トーンが何種類もあります。

この色の選び方については、あちこちで様々な書き込みを見かけますが、誤った情報も多いです。中でも顔の色に合わせて色を選ぶという情報は、間違いです。

カラーリングのコツとしては間違いではありませんが、白髪染めはいわゆるおしゃれ染めとは別物です。ダークブラウン、ライトブラウンと言っても、白髪に対して染めたらそうなるというだけで、黒髪部分はほぼ変化しません。

白いキャンバスに茶色のマジックで線を描けばそれは茶色に見えますが、キャンバスが黒ければその線は茶色に見えないのと同じです。茶色に見えないどころか線そのものが見えない可能性だってありますよね。

つまり、黒髪には白髪染めはほとんど何の影響も与えないのです。


白髪染めは白髪の量に合わせて選ぶ

白髪を黒髪に戻す方法ってあるの?

選び方のコツとしては、白髪の量に合わせて選ぶことです。

髪の毛全体の半分以上が白髪の方は、何色を選んでもいいです。選ぶ色が仕上がりのイメージになります。

ただ、それ以外の方は、濃いめのブラウンを選択しないと地毛に馴染みません。

黒髪基調の中に、部分部分明るい茶髪があるのと、暗い茶髪があるのとどちらが自然かは、簡単に想像つきますよね。

部分白髪を染めるには明るいトーンは適さないことを、しっかりおさえておきましょう。


白髪染めの時間は髪質に合わせて

女性の頭頂部の薄毛の原因と対策

大きく分けて、柔らかくてパーマなどもかかりやすい細い毛髪か、固くてパーマなどもかかりにくい剛毛かで選ぶべき白髪染めが違います。

細い毛なら白髪染めする時間はパッケージの説明書き通りでいいでしょう。剛毛の方はその時間だけ染めても全く足りないことが多いです。その場合、倍の時間放置することをおすすめします。

そんなに放置して平気なのか不安になる方もいるかもしれません。白髪染めでも、市販されているものは、美容院で使われるものほど強くありません。多少長めの時間で使用しても、髪の毛を傷めることがない程度の弱さに設定されているんです。

ですから、髪質が硬い人は、安心してたっぷり染め時間を取りましょう。