BGの育毛効果

育毛成分の効果 育毛ヘアケア関連成分

化粧品や育毛剤などに配合されている成分「BG」をご存知ですか? 

近年多くの種類が発売されている「女性用育毛剤」の成分欄にも「BG」とか「1,3‐ブチレングリコール」と表示されていることがあります。この成分は実際に育毛とどのような関係があるのでしょうか?

今回は「BG」の育毛効果についてまとめました。

スポンサーリンク

BG(1,3-ブチレングリコール)とは?

育毛成分の効果

「BG」とは、「1,3ブチレングリコール」の略で、アセトアルデヒドという化学物質から人工的に合成して生成されるアルコールの一種です。

特徴としては、無色透明の少し粘性がある液体で、「植物性グリセリン」のように保湿性に優れているのですが、べたつきにくくサラッとした感触があるので、育毛剤だけでなく化粧品に多く使用されています。

また、「BG」はアルコールの一種であるため抗菌性が高く、防腐剤としての役割を果たしてくれます。さらにアルコールより刺激が弱いので敏感肌用の植物エキスの抽出に用いられます。

「BG (1,3-ブチレングリコール)」は、化学物質から合成された成分のため、肌への安全性を心配する人もいるようですが、非常に刺激が少なく肌への負担も少ないことから敏感肌向けの化粧品にも多く使用され、グリセリンやエタノールが合わない人でも使用できる場合もあるようです。

BG (1,3-ブチレングリコール)の効果とは?

育毛効果、髪のエイジングケア

保湿効果

「BG (1,3-ブチレングリコール)」には、グリセリンほど強力ではないもののグリセリンのように保湿力が高いのが特徴です。

しかも、べたつきがちなグリセリンと比較して「BG」は、べたつかずにサラッとしていて刺激もなく、頭皮にうるおいを与えることができます。

頭皮の乾燥はバリア機能の低下や、抜け毛・薄毛の原因になります。「BG (1,3-ブチレングリコール)」の保湿効果によって乾燥しがちな頭皮にうるおいを与え、バリア機能のアップや発毛に必要な健やかな頭皮へと導いてくれます。

その他の効果

「BG (1,3-ブチレングリコール)」は、植物エキスなどの抽出溶剤として使用されることもあります。

通常、ハーブなどの植物エキスの抽出溶剤としてアルコールが用いられることが多いのですが、アルコールによって抽出されたエキスは、乾燥したり刺激を感じたりする場合があるのです。

そこで、敏感肌の人向けの商品や「アルコール・フリー」と表示されている商品では「BG (1,3-ブチレングリコール)」が好んで使用されています。

さらに「BG (1,3-ブチレングリコール)」には抗菌性があり、雑菌などから商品を守るための防腐剤の作用で商品を長持ちさせるはたらきがあります。

また、保香性があることも特徴で香りを長持ちさせるためにも使用されることがあります。

BG(1,3-ブチレングリコール)の育毛効果

育毛シャンプーの口コミ評判効果

いかがでしたか? 今回は、多くの育毛剤や育毛シャンプーにも含まれている「BG(1,3-ブチレングリコール)」特徴について調べました。

直接的に発毛を促進させる効果はないようですが、頭皮に必要なうるおいを与え育毛環境を整えてくれるはたらきがあるようです。

人工的に合成された成分ですが敏感肌の人にも刺激が少ないこと、グリセリンのようにべたつかずサラッとした使い心地であることが頭皮には嬉しいですね。

今までにグリセリンやエタノール配合の商品で刺激を感じた人は「BG (1,3-ブチレングリコール)」が配合された商品に変えてみるといいかもしれませんよ。