授乳中に使える女性用育毛剤の選び方

産後の抜け毛や薄毛には多くのママが悩んでいます。だからといって赤ちゃんのことを考えると、気軽になんでも商品を手に取るわけにはいきませんよね。

今回は、授乳中でも安心して使用することができる女性用育毛剤の選び方について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




そもそもどうして産後抜け毛や薄毛が起こるの?

授乳,育毛剤,選び方

妊娠中急激に増えていた女性ホルモンが出産を終えることで今度は一気に減少し、髪の毛はその影響を受けて抜けやすくなってしまいます。

また赤ちゃんへの授乳が始まると、母体からどんどん栄養は失われ、髪の毛まで栄養が行きわたらなくなってしまうのです。

さらに赤ちゃんが産まれたことによる環境の変化も、女性にとってはストレスになり、抜け毛や薄毛の原因につながっているのです。

そしてそういった頭皮のケアは、出産後2カ月から1年程で収まるとも言われていますが、日ごろからケアすることが大切だと言われています。

授乳中でも安心して使用できる女性用育毛剤の選び方

授乳,育毛剤,選び方

1.添加物が入っていない天然由来のものを選ぶ

授乳中は赤ちゃんへの影響を考えて、添加物が入っていない商品を選んで使用しましょう。

もちろん添加物の中には体に害のないものもありますが、添加物は体にどんな影響を及ぼすのかまだはっきりとわかっていないものも数多く存在しています。

そのため、授乳中の育毛剤を使用する際は、できるだけ体に優しい天然由来の商品を手に取るように心がけましょう。

2.危険な成分は入っていないかしっかりとチェックする

育毛剤の成分の中にも、授乳中に危険を及ぼす成分もあるため注意が必要です。特にミノキシジルとプロペシアは、よく使用されている成分でもあるので注意してください。

ミノキシジルには血行促進効果があり、授乳中は母体への副作用が出る危険があります。プロペシアは赤ちゃんが男児だった場合、生殖器に異常をきたす危険がある大変危険なものなので特に注意してください。

どちらも注意書きのところに「妊娠中や授乳中の使用は控えてください」と記載があるので、まずはそちらの記載があるかどうかをチェックすることもおすすめです。

加齢やホルモンバランスの乱れ、度重なるパーマやカラーによる頭皮へのダメージによる薄毛に悩む多くの女性たち。今、そんな女性たちが頼るの...