育毛剤の選び方~女性の薄毛原因別有効成分

女性専用の育毛剤は、ここ最近で種類が増えました。これだけ種類がたくさんあると、自分に会った育毛剤はどれなのか、迷ってしまいます。女性の薄毛の原因は人それぞれ異なりますから、効果のある成分も異なってきます。女性の薄毛用育毛剤の選び方を確認しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

薄毛の状態をチェックする

薄毛の原因は人それぞれ異なります。頭髪の状態によって、だいたいの原因が分かれますので、自分の髪の毛の状態がどこにあてはまるか、見てみましょう。

1.最近抜け毛が増えた

シャンプーのせいで抜け毛が増えることも

急に抜け毛が増えたという人は、男性ホルモンが活発になってきているのかもしれません。ホルモンバランスが乱れているわけです。ですから、女性ホルモンを活発にし、ホルモンバランスをもとに戻す効果のあるものを選びます。具体的な成分を挙げておきます。

男性ホルモンを抑制するもの・・・チョウジ、オウゴンリキッド
女性ホルモンを活発にするもの・・・ヨモギエキス、カンゾウエキス、クララエキス、オトギリソウなど

2.頭皮が乾燥している

薄毛抜け毛対策によくない習慣

お肌と同じで、頭皮にも乾燥はよくありません。すべての頭皮トラブルのもとです。乾燥で、髪の毛がぱさぱさになるのはよくありがちですが、悪化すると炎症を起こして毛根がダメージを受けることがあります。これは抜け毛の原因になりますし、フケが発生することにもなります。

頭皮が乾燥している人は、保湿成分の含まれているものを選びます。保湿成分は、ヒアルロン酸、トレハロース、ベニバナエキスなどがあります。

3.皮脂の分泌が多く脂っぽい

頭頂部の薄毛は生活習慣病の前兆かも

頭皮の皮脂が過剰に分泌されている場合です。比較的大きなフケが出ることが多いです。皮脂の分泌が多すぎると、毛穴が余分な脂分で詰まっていまいます。そうなると、髪の生育に必要な栄養素が十分に行きわたらなくなります。また、毛穴につまった皮脂に雑菌が繁殖することもあります。それには、抗菌作用や抗酸化作用のある成分が効果的です。

抗菌作用がある成分の代表的なものは、ペバーミントやチョウジ、ウイキョウなどです。抗酸化作用があるものとしては、セージなどがよく使われています。

すべての薄毛にあてはまる原因

育毛剤は自分に合ったものを、女性薄毛対策用育毛剤の選び方

さらに、どんな薄毛にとっても大切なことは、血行を良くすることです。頭皮の血行が滞っていると、必要な栄養素が髪の毛の1本1本まで運ばれません。そうすると、発育しにくくなったり、発毛してもコシのない弱い毛髪になり、すぐに抜け落ちてしまいます。

ですから、育毛剤を選ぶときには血行を促進する効果のある成分を配合しているものを選びます。血行促進に効果的なものは、トウガラシエキス、シャクヤクエキス、オタネニンジンなどがあります。

自分の髪の状態にあった選び方を

育毛剤は自分に合ったものを

どんな薄毛の人にも合う育毛剤というものはありません。自分の頭髪と頭皮の状態を確認して、自分に必要な成分が配合されている育毛剤を選びましょう。正しい選び方と使い方で継続し育毛対策をすれば、きっと効果が現れるはずです。

無添加育毛剤マイナチュレ

女性の薄毛対策用育毛剤おすすめ比較ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク