私のおすすめ!髪と頭皮にやさしいシャンプーたち

シャンプー選びは髪のエイジングケアの第一歩!
髪と頭皮にやさしいシャンプーを紹介します。
どれも自分で実際に使ってみた、口コミとレビューとして書いています。
シャンプー選びに迷っている人は、ぜひご覧ください!

私が使ったお気に入りシャンプーを見てみる

抜け毛対策にドライヤーはNG?正しいドライヤーの使い方

抜け毛対策にドライヤーはNG?正しいドライヤーの使い方毎日のヘアケアのコツ

最近髪が抜ける量が増えた……、抜け毛が気になる……。そんな時始めたいのは育毛剤での抜け毛対策!? それともマッサージで抜け毛対策!??

実はもっとカンタンに、日々行っていることで抜け毛対策ができるんです。それは、ドライヤー!

毎日多くの人が必ず行うドライヤーの使い方次第で、抜け毛対策をすることができるとあらば、ぜひ試してみたいですよね。さぁ、早速その方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ドライヤーが抜け毛対策になる理由

抜け毛対策にドライヤーはNG?正しいドライヤーの使い方

皆さん、ドライヤーは髪に良くないと思っていませんか? 熱で髪を乾燥させるので、キューティクルをはがしてしまったり、髪の水分を失わせてしまったり……。たしかにそれも事実です。

しかし、ドライヤーを使わず、自然乾燥だけで髪を乾かすと、却ってキューティクルをはがしたり、頭皮が湿ったままになることで細菌を増やしたりして、抜け毛や髪の毛のダメージの原因となるんです。

つまり、程よくドライヤーを使って、髪の毛を乾かしてあげることこそ、抜け毛対策への第一歩という訳なんですよ。

正しいドライヤーの使い方

抜け毛対策にドライヤーはNG?正しいドライヤーの使い方

ドライヤーの前に

ドライヤーを使う前に、まずは髪の毛をしっかりタオルドライしましょう。このとき、髪の毛をゴシゴシこするのはNGです。タオルとの摩擦のせいでキューティクルが剥がれてしまい、髪の毛が痛んでしまいます。

ポンポンと、叩くようにタオルドライしましょう。

ドライヤーをかける順番は?

いよいよドライヤーの出番です。
効率よく髪の毛を乾かす順番に、ドライヤーを当てていきましょう。まずは、乾きにくい襟足から、かけましょう。このとき、ドライヤーを髪の毛に近づけすぎてはいけません。最低でも10cmは離すようにして下さい。

近すぎると、痛んだり抜けたりする原因となるので注意しましょう。髪の毛の根元から毛先、内側から外側へと、順番に乾かしていきましょう。

高熱に注意!

早く髪の毛を乾かしたくて、ついつい熱すぎるドライヤーの風を髪の毛に当てていませんか?高すぎる温度は、抜け毛の原因となります。また、髪の毛が乾くのは、高熱を当てているときではなく、髪の熱が冷めているときなのです。

一か所に熱風を当てる時間は、2秒以内におさめるようにしましょう。

熱したら冷やす

熱風で髪の毛が乾いてきたら、冷風を当てて髪の毛を冷やしましょう。冷やすことによってキューティクルが閉じて、髪の毛の内側の水分を維持してくれます。艶が出るので、冷風は必ず使うようにしましょう。

オーバードライに気をつけて

髪の毛を完全に乾かしてしまうと、オーバードライになって、抜け毛の原因となります。髪の毛に必要な水分まで飛ばしてしまなわにように、だいたい8割くらい乾いたら、そこでドライヤーは終了しましょう。

髪にやさしいドライヤーの使い方

抜け毛対策にドライヤーはNG?正しいドライヤーの使い方

髪に悪いというイメージのドライヤーも、正しく使えば、抜群の抜け毛対策になります。そのポイントはきちんとタオルドライ&ドライヤーで乾かしすぎないこと。この2つを守って、頭皮&髪の環境を守ってあげれば、自然と抜け毛も少なくなるかもしれませんよ。

使えば使うほど髪がきれいになる!魔法のドライヤー「リュミエリーナ ヘアビューザー2」