フケが気になるときの原因と対策

フケが気になるときの原因と対策 毎日のヘアケアのコツ

フケが多いと、「きちんとシャンプーできていないのかな」と思ってしまいますが、必ずしもシャンプー不足でフケが出るわけではありません。それどころか、シャンプーのやりすぎもフケの原因になってしまうことがあります。

正しくケアを行うために、フケができる原因と対策方法を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

フケって何?

フケが気になるときの原因と対策

フケは古くなった地肌の角質が剥がれたものです。地肌は、身体の他の部分と同じく一定の周期で新陳代謝を繰り返しています。

新陳代謝というのは古い肌細胞が自然と垢となって排出され、新しい細胞がとってかわることを言います。健康的な頭皮では、古くなった細胞は目に見えないくらいの垢となり体外へ排出されます。

しかし、新陳代謝のサイクルが乱れている場合は、まだ未熟な細胞が大きく塊となって剥がれてしまうことがあります。これがフケなんです。

フケが出る原因として、地肌の皮脂、常在菌(マラセチア菌)、肌質の関係があげられます。これらのバランスが崩れると地肌のターンオーバーのリズムが早まり、フケが出やすくなるのです。

フケが出るのは体質によるものだと考える人もいるようですが、きちんと対策を行えばフケを予防することは可能です。

2つの肌質とフケの原因

女性の薄毛「びまん性脱毛症」の3つの種類

フケができるのは、地肌の皮脂量も関連しています。地肌の肌質に関しては、脂性地肌の人も乾燥地肌の人もフケが出やすくなります。

脂性肌質の人は、皮脂が過剰に分泌されることで、皮脂を栄養にしている常在菌(マラセチア菌)が繁殖しやすくなります。そのため、刺激を受けた頭皮の肌サイクルが乱れ、フケが出やすくなることがあります。

一方乾燥肌質の人は、地肌の新陳代謝のサイクルが早まり、未熟な細胞が剥がれてしまうため、フケが目立つようになります。地肌が未熟な細胞で覆われるころになるのでさらに乾燥が悪化し、フケが出やすい地肌になってしまいます。

自宅でできるフケ対策

マイナチュレシャンプーの効果を最大限にするお手入れ方法

フケができるのは、地肌の肌質、皮脂そして、常在菌(マラセチア菌)が関連しています。

自宅でフケ対策をするなら、皮脂と肌質はなかなか変えられませんが、常在菌(マラセチア菌)の活動をコントロールすることができます。手軽にできるおすすめの方法は、フケ対策用のシャンプーで洗うことです。

ただし、シャンプーを変えるだけでは効果は不十分です。フケが出ないようにするためには正しいシャンプー方法で行うことが大切です。

その抜け毛、シャンプーの方法に問題あり?正しいシャンプー方法
抜け毛や薄毛に悩んでいる女性の中には、シャンプー法が正しくできていない人が意外と多いのです。頭皮を傷つけずに、抜け毛を予防するシャンプー方法を紹介します。

シャンプーのやりすぎはフケの原因

女性専用無添加育毛剤のマイナチュレは、デザインも洗練されていて一見化粧水みたい。

女性専用無添加育毛剤のマイナチュレは、デザインも洗練されていて一見化粧水みたい。

フケができる人の中には、地肌や髪の毛が不潔だからフケが出ると勘違いする人もいます。しかし、シャンプーのやりすぎや洗浄力の強すぎるシャンプー剤はかえって頭皮の乾燥を悪化させ、結果的にフケを増やしてしまいます。

シャンプー剤を選ぶときには、なるべく地肌にやさしいものを選ぶようにしましょう。おすすめは、無添加にこだわった低刺激性シャンプーマイナチュレ・シャンプーです。

お肌にやさしいシャンプーに変えるだけでも、フケの量が減ったという人はたくさんいます。もちろん、正しいシャンプー方法で行うことも大切ですが、フケが気になる人はまずシャンプー剤の見直しから始めてみてはどうでしょうか。


タイトルとURLをコピーしました