私のおすすめ!髪と頭皮にやさしいシャンプーたち

シャンプー選びは髪のエイジングんケアの第一歩!
髪と頭皮にやさしいシャンプーを紹介します。
どれも自分で実際に使ってみた、口コミとレビューとして書いています。
シャンプー選びに迷っている人は、ぜひご覧ください!

私が使ったお気に入りシャンプーを見てみる

静電気対策!うねる髪の毛を上手にヘアメイクしてふんわりさせる方法

頭皮と髪の臭いの原因は?今すぐできる対策方法 毎日のヘアケアのコツ

冬は静電気の影響で、髪の毛がうねったり広がったりと、なかなかスタイリングをキープするのが難しい季節です。

そこで今回は、そんな髪の悩みを解消し、理想のふんわり感をキープする方法を調べてみました。

スポンサーリンク

冬は特に髪のボリュームがなくなる季節

頭皮と髪の臭いの原因は?今すぐできる対策方法

多くの女性が髪のうねりや広がりに悩んでいます。

特に冬は、乾燥から髪もダメージを受けやすく、さらに広がりやすくうねりやすくなってしまいます。

どうにかケアをしてみても、髪の表面だけで、新しく生えてきた髪はボロボロでまたうねりや広がりの原因になってしまう悪循環です。

どんな髪型でも、女性らしい髪型を作り出すために欠かせない、根元のふんわり感をキープするにはどうすればいいのでしょうか?

ふんわり感を保つために欠かせないポイント

女性の生え際の薄毛の原因と対策

1.ブラッシング

就寝前など、必ずブラッシングや手ぐしで髪の流れを整えましょう。

キューティクルの流れに沿って上から下へ丁寧に行うことがポイントです。

そのままにしておくと、髪の毛同士が絡まったり、寝具と摩擦を起こして切れ毛や抜け毛の原因になってしまいます。

2.ノンシリコンシャンプーを使用する

ノンシリコンシャンプーは、程よい洗浄力で必要な皮脂を残し、髪の毛をいたわりながら洗浄することができます。

まとまらない髪に悩む人には、よりおすすめです。

アミノ酸系ノンシリコンシャンプー比較ランキング【レビュー記事あり】女性の薄毛・抜け毛対策

3.毛先を中心にトリートメントを行う

トリートメントには髪の毛の内部まで浸透し修復する効果があり、髪の毛のダメージ改善を早めることができます。

1度に2,3プッシュほど多めにとって、髪の中ほどから毛先に向かって髪の毛をすくうようになじませていきましょう。

4.シャンプー後はタオルドライ

シャンプー後はすぐトリートメントを使用するのではなく、ハンドタオルを使用して頭皮から髪の毛の水分を吸い取っていきます。

90度お辞儀をするような格好で、ゴシゴシ擦らずやさしくタオルドライし、頭皮中心に余計な水分を乾かしましょう。

5.ドライヤーは内側から

ドライヤーを使用する際は髪を持ち上げ、内側から乾かします。

ふんわり仕上がり自然なボリュームが出ます。

この時少し指でこすりながら行うことで、さらに乾きも早くなり、ダメージも抑えることができます。

最後に冷風をあてることで、ツヤもアップします。

6.ワックスはスプレータイプを内側から

スプレータイプのワックスを内側・外側両方から使用しましょう。

ふんわり感を長時間キープすることができます。毛先に使用すると、重みでぺたんと崩れるので要注意です。

7.洗い流さないトリートメントを使用

日中を髪をダメージから守ってくれる、洗い流さないトリートメントを使用しましょう。

オイル・ミルク・クリーム・ジェル・スプレーなど様々なタイプが販売されています。

アウトバストリートメントって何?正しい使い方

8.リンスインシャンプーの使用も考えてみる

洗えば洗うほど、リンスの成分が髪に浸透するリンスインシャンプーも髪のダメージには効果的です。

ただし、頭皮にもリンスの成分が入っていってしまうので、頭皮が油っぽい人の使用はお勧めできません。

また、使用時はすすぎをいつもより入念に行いましょう。