私のおすすめ!髪と頭皮にやさしいシャンプーたち

シャンプー選びは髪のエイジングんケアの第一歩!
髪と頭皮にやさしいシャンプーを紹介します。
どれも自分で実際に使ってみた、口コミとレビューとして書いています。
シャンプー選びに迷っている人は、ぜひご覧ください!

私が使ったお気に入りシャンプーを見てみる

キレ毛は毎日のケアで改善できる!原因と対策

キレ毛が気になる女性 毎日のヘアケアのコツ

髪の毛を洗ったり、ブラッシングをするたびに髪の毛が切れてしまうことはありませんか?

キレ毛が増えると髪の毛は広がりやすくなり、せっかくスタイリングしてもキープしづらくなってしまいますよね。

でもキレ毛は、きちんと毎日丁寧にケアを続ければ必ず改善していくことができます。

今回はキレ毛の原因や対策について調べてみました。

スポンサーリンク

キレ毛ができる原因

梅雨の時にヘアスタイルが決まらない理由とは
キレ毛は普段生活の中で行っている何気ないことが原因でできてしまいます。

例えば、眠っている間に枕や衣類に髪の毛がこすれてしまったり、引っ張られていることもキレ毛を作っている原因です。

またシャンプーも洗いを落とそうとゴシゴシ強く洗ったり、ドライヤーの風が熱かったり長時間当てていることも髪の毛の乾燥を引き起おこし、キレ毛を招いてしまいます。

他にも紫外線、カラー、パーマなどの外部ダメージや栄養不足、ストレスなども、キレ毛の原因となってしまいます。

ついつい髪の毛を後回しにしてしまうことも多いですが、髪の毛も丁寧にケアを行い、乾燥やダメージを防いで生活を行うことがキレ毛を防ぐためにはとても大切といえるでしょう。

キレ毛を防ぐためのケア方法

1.ブラッシング

頭皮ケアの決め手はブラッシング!美髪ケアにおすすめなブラシの選び方

ブラッシングを丁寧に行うことはとても大切です。

シャンプーの前にブラッシングを行えば、髪についたほこりを落として、シャンプーの際に髪が絡まることを防いでくれます。

また、ブラッシングを行うことで髪の毛に静電気を置きにくくさせることもできます。

静電気を防ぐためには、静電気対策がされているものや木製のブラシを選ぶことがおすすめです。

そしてブラッシングは無理やり行ったり、頻繁にやり過ぎないで丁寧に行うことが大切です。

ロングの方は根元から一気に行うのではなく、まず中間から毛先をとかし、それから根元をとかしていきましょう。

2.シャンプーの見直し

乾燥頭皮におすすめなのはシャンプー剤の見直し

シャンプーをするときは、まず予洗いで簡単に髪についた汚れを落としていきます。

これだけで80%ほどの汚れを落とすことができます。

そしてシャンプーは、洗浄力の程よいアミノ酸シャンプーを使うことで、乾燥を防ぎ、キレ毛を予防・改善していくことができます。

シャンプーは泡立ててから、髪の毛をこすり合わせないように頭皮を中心に洗っていきましょう。

3.ドライヤーは正しく使う

抜け毛対策にドライヤーはNG?正しいドライヤーの使い方

ドライヤーを使うときも、熱風を同じところに当てすぎないように、ドライヤーをふりながら乾かしていきましょう。

キューティクルの流れに沿って乾かしていき、ロングの方は根元から先に乾かして最後に毛先を乾かしましょう。

自然乾燥は髪の毛の水分を蒸発させて乾燥を悪化させるので絶対に避け、シャンプー後はなるべく早くドライヤーで乾燥させていきましょう。

4.眠っている時の摩擦を防ぐ

白髪,原因,睡眠

眠っている時に枕に髪が挟まって引っ張られたり、摩擦が起こっていることもあります。

枕に髪の毛が挟まらないようにロングの方は髪の毛を二つに分けてむずび、短めの方は一つにして横に流して結んで寝ることがおすすめです。

5.紫外線対策

意外と見落としがち!頭皮と髪の紫外線対策

紫外線対策は髪の毛もしっかり行いましょう。

帽子や日傘、さらには髪の毛にも使えるUVケアを使って紫外線ダメージを防ぎましょう。

紫外線対策グッズがないときは、髪の毛を1つに結んでダメージを受ける面積を減らしていくことも大切です。

特に気になる前髪のキレ毛はどうすればいいの?

キレ毛が気になる女性
中でも一番気になるのは前髪のキレ毛。前髪が短く切れてしまうとピンピンと飛び出した状態では、せっかくのスタイリングも決まらず、印象も台無しですよね。

そんな時は、ハードスプレーやワックスなどでキレ毛を抑えることもできますが、ほかにも使える対処法を調べてみました。

まずはマスカラベースを使ったケア方法です。気になる部分をマスカラベースでとかし、最後は手で軽く押さえてなじませるだけです。色もきれいになじんでいきますよ。

またキレ毛が目立たないように、前髪をドライヤーを使って後ろに流しながら立ち上げ、かき上げ前髪を作っていくのもおすすめです。

ポイントは、前髪全体を軽く湿らせて左右からドライヤーの風を当てて後ろに立ち上げていくことです。

どうしても前髪のキレ毛が気になる場合は、一度前髪をカットしてみるのもいいですし、ターバンを使って抑えてあげるのもおしゃれに仕上がります。

大切なのは、アレンジをしながらも、きちんとキレ毛をケアするように生活習慣を改善して、キレ毛のないきれいな髪の毛を育てていくことです。焦らずじっくり髪をケアしていきましょう。