アウトバストリートメントって何?正しい使い方

毎日のヘアケアの1ステップとして定着しつつある、アウトバストリートメントですが、イマイチ使い方がよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

アウトバストリートメントを使うと、髪の毛のコンディションが変わるので、ぜひ利用したいアイテムの一つです。でも、どんなに効果的なアイテムでも正しい使用方法で使わないと効果も半減してしまいます。

今回は、アウトバストリートメントについて、その使い方を中心にまとめてみました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

アウトバストリートメントって?

薄毛に悩む女性が選ぶ育毛剤・マイナチュレの効果と評判

アウトバストリートメントとは、洗い流さないトリートメントのことを指します。アウトバストリートメントを付けずにドライヤーをかけたり、髪が濡れたまま放置すると、切れ毛やパサつき、うねりなど髪へのダメージの原因となってしまいます。

アウトバストリートメントは有効成分を髪に浸透させ、個々の髪のお悩みを解消してくれる商品です。また、正しい使い方をしてこそ、その効果を発揮します。

そこで、アウトバストリートメントの正しい使い方をご紹介します。


オイルタイプのアウトバストリートメントの使い方

髪のエイジングケアにおすすめなヘアオイル3つ

アウトバストリートメントにはオイルタイプとミストタイプの2種類があり、使用するシーンによってどちらを使うか変わってきます。

まず、オイルタイプのアウトバストリートメントの使い方は、髪が濡れた状態で使用することです。

タオルドライ後、オイルタイプのアウトバストリートメントを髪になじませ、ドライヤーをします。ドライヤー後もオイルのベタつきが気になる場合は、使用するオイルの量を減らしてみましょう。


ミストタイプのアウトバストリートメントの使い方

アウトバストリートメント,使い方

ミストタイプのアウトバストリートメントの使い方は、髪が乾いた状態で使用することです。髪のクセやうねりを解消します。

オイルタイプも、ミストタイプも、アウトバストリートメントは、基本的に髪の中心から毛先にかけてなじませます。なるべく頭皮にはつけないようにしましょう。

頭皮に付着してしまうと、痒みや湿疹の原因となる可能性があるのです。

また、髪の毛は毛先にいくほど痛んでいます。そのため、毛先は特に丁寧にアウトバストリートメントを付けるようにしましょう。

洗い流さないトリートメント、ラサーナ海藻ヘアエッセンスの人気の理由
なんだか最近髪のパサつきが気になる、髪にうねりが出てきた……そんな悩みを持つ人にオススメしたいのが、洗い流さないタイプのアウトバストリートメ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク