梅雨時にヘアスタイルが決まらないときの対策

ヘアケア後のセット方法 毎日のヘアケアのコツ

くせ毛の人にとってはヘアスタイルに悩むのが梅雨の時期。横に大きく広がってしまったり、ごわついたりと、悩む方も多いと思います。

本日は、梅雨の時期にヘアスタイルが決まらない理由、梅雨の時期に必要な対策、そして梅雨の時期にオススメのヘアスタイルについてお伝えします。

スポンサーリンク

梅雨の時にヘアスタイルが決まらない理由とは?

梅雨の時にヘアスタイルが決まらない理由とは

くせ毛の人にとって、特にヘアスタイルが決まりにくい梅雨の時期。なぜ梅雨の時期はヘアスタイルが決まりにくいのでしょうか?

それは、もちろん空気中の湿度が高くなるからです。ではなぜ湿度が高くなると、髪が横に大きく広がってしまうのでしょうか?それは、くせ毛の人の髪の毛は常に水分を欲している乾燥状態だからです。

常に乾燥状態の髪の毛が、湿度の高い空気に触れると、たくさんの水分を含もうと普段より多くの水分を吸収し、広がりに繋がってしまいます。

広がりを防ぐためのヘアケア対策の方法は?

広がりを防ぐためのヘアケア対策の方法は

では、どのようにすれば梅雨の時期の髪の毛の広がりを防ぐことができるのでしょうか?

上記のように、湿気で広がってしまう髪の毛には潤いが足りていない状態です。しっかりと髪の毛を保湿してあげることが重要です。

まずは、普段のシャンプーの方法を、シャンプー→トリートメント→コンディショナーでしっかりと保湿+コーティングをし、水分が逃げないようにしましょう。また、仕上げに洗い流さないトリートメントも保湿効果が期待出来おすすめです。

では、ヘアケア後のセット方法は?

ヘアケア後のセット方法

最後に、ヘアのセット方法をお伝えします。

トリートメント後のヘアにドライヤーを使用する際は、マイナスイオンのものが潤いを逃さずにおすすめです。

また、髪の毛が完全に乾いた後に、最後に冷風を当てると広がりを防ぐこともできます。そして、スタイリング剤をつけましょう。

スタイリング剤に関しては、ワックスタイプだと水分を多く含んでいるため、スプレータイプのものなどがおすすめです。

また、ストレートヘアよりも巻き髪アレンジの方が髪の毛は広がりにくいです。思い切って巻き髪にスタイルチェンジしてみるのもおすすめです。

日頃のヘアケア、スタイリング対策

日頃のヘアケア、スタイリング対策

梅雨の時期は日頃のヘアケア方法を少し丁寧にしたり、ヘアスタイル方法を少し変えてみるだけで髪が広がることへの対策はできます。

ぜひこの方法を生活に取り入れて、梅雨でも思い切ってヘアスタイルを楽しみましょう!

ノンシリコンシャンプー比較ランキング!人気のある売れ筋アミノ酸シャンプーはコレ!

シャンプー前にヘアオイルを使うのが美髪に効果的って本当?正しい使い方

梅雨時のヘアケアにもおすすめなヘアオイル3つ

タイトルとURLをコピーしました