スポンサーリンク

30代からの髪エイジングケアにはベースメイクシャンプー『守り髪』

肌にエイジングケアが必要なように、髪の毛と頭皮にもアンチエイジングが必要です。特に10代や20代で、カラーリングやパーマなどを頻繁に行っていた人は、それだけ髪がダメージを受けているはず。でも、髪のエイジングケアって何をすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




頭皮と髪のエイジングケアを考えたシャンプー

30代からの美髪ケアには守り髪がおすすめ

頭皮環境を若々しく保ち、いくつになってもきれいで健やかな髪の毛をキープするために、特別なものは使用しません。おすすめしたいのは、美髪ベースメイクシャンプー「守り髪」です。

カラーリングやパーマは、頭皮や髪の毛にとっては大きな負担です。そのストレスは、30歳を超えたある日突然、現れることがあります。

もし、あなたが最近、髪の毛が細くなった、ボリュームがなくなった、白髪が気になる、まとまりにくくなった・・・、などの悩みを感じているなら、それは、蓄積されたストレスの現れかもしれません。

30歳を過ぎたら、化粧品だって、エイジングケア用のものに変えたりしますよね。シャンプーも同じです。20代と同じヘアケアではダメということなのです。

髪のダメージを改善

髪のダメージを改善

今までのカラーリングやパーマでストレスを受けてしまった髪をやさしく保護し、乾燥を防いでくれるのが、「守り髪」シャンプーです。

守り髪シャンプーのコンセプトは、お肌のスキンケアと同じように髪と頭皮にも美髪のためのベースメイクが必要だということ。

では、守り髪が実際どのように頭皮と髪の毛に働きかけるのか、解説していきます。

1.蓄積されたダメージをなかったことにする



「ナノ化」という技術をご存知でしょうか。今まで化粧品やシャンプーなどに含まれる有効成分は、粒が大きすぎて、実際には頭皮や肌に浸透しないというものもありました。これを改善するための画期的な技術が「ナノ化」です。

「ナノ」とは大きさの単位ですが、要するに、有効な成分を今までよりもさらに小さな粒にして、シャンプーに配合することが可能になったんです。

この技術は、「守り髪」シャンプーでも採用されています。切れ毛やぱさつきを防止する修復成分や、髪のハリやコシを取り戻すための補修成分をナノ化して閉じ込めました。

2.髪と同じアミノ酸系シャンプー



守り髪には、髪の毛と同じアミノ酸系の保湿成分が含まれています。この成分が髪の内部へ水分を引き込む働きをしてくれます。ダメージを受けてしまった髪の水分量を調節して、みずみずしい印象の髪へ導いてくれます。

さらに、守り髪シャンプーには、アルガンオイルとシアバターも配合されています。いずれも、保湿効果が高いとして、化粧品などによく使用されている成分ですよね。アルガンオイルをそのまま髪につけてヘアオイルとして使っている人もいるのではないでしょうか。これらの保湿成分を贅沢にシャンプーに配合したのがこのシャンプーです。

3.髪を1本1本コーティング

1本1本の髪をケアしてくれる守り髪シャンプー

髪のエイジングケアのためには、紫外線などからのダメージから髪を保護することも必要となります。守り髪には、ヒアルロン酸系の成分が配合されていて、これが髪の毛のキューティクルに吸着します。髪の1本1本をベールのようにコーティングして、紫外線などからのダメージから守ってくれます。

ヒアルロン酸といえば、その保湿力が高いことでよく知られています。このヒアルロン酸ベールのおかげで、髪の毛の内部の水分が蒸発しにくくなり、髪の乾燥を防いでくれるのです。

プロの美容師も推薦する「守り髪」シャンプー

プロの美容師もおすすめ、守り髪シャンプー

守り髪シャンプーは、現場で活躍する美容師さんにも広く推薦されています。プロの目から見ても、その品質が高いと評判なのです。美しい髪の毛は女性らしさの象徴でもあります。本格的に髪のエイジングケアを始めようという人は、まず、お試しセットから始めてみてはどうでしょうか。

美髪ベースメイクシャンプー『守り髪』