私のおすすめ!髪と頭皮にやさしいシャンプーたち

シャンプー選びは髪のエイジングケアの第一歩!
髪と頭皮にやさしいシャンプーを紹介します。
どれも自分で実際に使ってみた、口コミとレビューとして書いています。
シャンプー選びに迷っている人は、ぜひご覧ください!

私が使ったお気に入りシャンプーを見てみる

髪にやさしいシャンプーってどんなシャンプー? 正しい選び方

薄毛・抜け毛対策シャンプー

ドラッグストアなどの店頭に数多く並んでいる「シャンプー」。どれも魅力的なキャッチコピーで髪によさそうですし、種類も数え切れないほどあります。また、表示を見てもよくわからない成分がビッシリと書かれていて、一体どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

今回は、そんな数あるシャンプーの中で、髪にやさしいシャンプー選びのポイントについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

シャンプーの種類

「シャンプー」と一言でいっても、使われる材料によって様々な種類に分類されます。

高級アルコール系シャンプー

一般に出回っているシャンプーの多くが、石油由来の「高級アルコール」を原料にした界面活性剤を使用しています。

「高級アルコール」というのは値段が高いという意味ではなく、アルコール分子に含まれる炭素数が多いものを「高級アルコール」、少ないものを「低級アルコール」といいます。

炭素数が多いものは泡立ちが良く、洗浄力もあるのですが、人によっては刺激が強すぎることがあります。

石けん系シャンプー

天然由来の原料から作られる石けんは、歴史も古く安全性も高いことから、石けん系シャンプーは自然志向の方に好まれています。

ただ、石けん系のシャンプーはアルカリ性で洗浄力が強いため、毛穴の汚れも落としてくれる反面、使用方法によっては必要な皮脂まで奪ってしまい髪がごわつく・きしむという可能性があります。

アミノ酸系シャンプー

天然由来の「高級脂肪酸」に、アミノ酸を反応させて作られた「界面活性剤」が使われているものです。

他のシャンプーと比較して刺激が弱く、頭皮にもやさしいため肌が弱い人や、乾燥しやすい人におすすめです。ただ、洗浄力が弱いという特徴があります。

髪にやさしいシャンプーとは?

洗浄力は劣りますが、低刺激で髪にやさしいということから考えると、アミノ酸が配合されている「アミノ酸シャンプー」がおすすめです。

なぜなら、髪の毛の成分はタンパク質なのですが、このタンパク質は「アミノ酸」からできています。ですから、アミノ酸系のシャンプーは髪の毛にもやさしくなじみ、頭皮への負担も最大限に抑えることができます。

ただ、皮脂の分泌が多く頭皮がべたつく人の場合は、アミノ酸系シャンプーを使用すると、皮脂がしっかり落としきれず毛穴が詰まる原因になる可能性があります。このように脂性肌の場合には洗浄力が強い、アルカリ性の石けんシャンプーがおすすめです。

自分に合ったシャンプーの選び方

先に書いたとおり、「アミノ酸系シャンプー」は髪にやさしく比較的安心です。とはいっても大切なのは自分の髪や頭肌に合ったシャンプーを選ぶことです。

もし、高級アルコール系シャンプーでもトラブルがなく髪へのダメージが感じられないのであれば、そのまま使い続けるのもいいかもしれません。

頭皮などにトラブルが生じるなら、やさしいアミノ酸系シャンプーに替えてみるといいかもしれません。

逆に頭皮ニキビができやすいなどの場合には、石けん系シャンプーがいいでしょう。このように髪や頭皮の状態によって使い分けるのが大切です。

避けたい成分

ラウリル硫酸Na

ラウリル硫酸Naは、安く製造できるため価格の低いシャンプーに一般に使用される「界面活性剤」の一種です。これは、強い洗浄力があり泡立ちがいいのですが刺激が強く、敏感肌・乾燥肌の人が使用するとかゆみを感じることがあります。

ラウレス硫酸Na

ラウリル硫酸Naより分子は大きくなっていますが、強い洗浄力と脱脂力はラウリル硫酸Naと同じほど強力です。

自分に合ったシャンプー選びを

「シャンプー」と一言にいってもいくつかの分類があり、特徴もそれぞれです。シャンプーは毎日使用するものですから髪にやさしい成分を選びたいですね。

ただ、髪に良い成分がたくさん使用されていても、あまりにも高すぎるなら継続して使用することが難しくなります。

良質な成分が含まれていると同時に、ある程度手に入れやすい価格であることも重要でしょう。一度自分が使用しているシャンプーの成分を見直してみるのはいかがですか?