年齢が出やすい!手のアンチエイジング法

日々の忙しさからケアがおろそかになってしまった手は、年齢を重ねるにつれ、シワや血管が目立つようになります。「キレイな手=美しい」というわけではないけれど、お手入れをしていない手はやはり美しいとは言えません。

シワが多い、節が太い、肉厚、筋張っている・・・、それもあなたの手の個性。でも荒れてガサガサ、ささくれがある、むくんでいる、それでは手がかわいそうですね。個性的で素敵な手をいたわって、美しい手になるアンチエイジングの方法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




手に年齢が出やすい原因

年齢がでやすい手のアンチエイジング

手は体のパーツの中でも、とても複雑で繊細です。関節が多いため、加齢により脂肪が少なくなるとシワや血管が目立つようになるのです。

常に外気や紫外線にさらされ、一日に何度も水に触れますね。石鹸や洗剤などで皮脂が奪われると、皮膚のバリア機能が奪われて手荒れの原因に。

手は新陳代謝のスピードが遅く、顔に比べて5~6倍の時間がかかると言われています。心臓から遠いので血行も悪くなりがちなんです。

日頃のお手入れ方法

手のアンチエイジングには日ごろのお手入れが大切

荒れを防ぎ、シワを目立たなくするにはしっかりと保湿をすることが大切。手は皮膚が薄いため角質層も薄く、潤いをためられません。

水で濡れた後は、タオルで指と指の間まできちんと水分を拭き取ることが重要です。濡れたままだと角質層が傷つき、手荒れの原因になるからです。ハンドドライヤーは乾燥するので使いません。

こまめにクリームやオイルで保湿

手が乾燥する前に、保湿効果のあるクリームやオイルを塗ります。おススメなのは100%馬油で作られた無香料のソンバーユ。浸透性が高くしっかりと保湿をしてくれます。お顔やヘアケアなど全身に使えますよ。

お肌が十分に潤っているお風呂上がりには、オイルをつけてハンドマッサージをしましょう。手のひらにはたくさんのツボがあるので、血行が良くなり手が暖かくなるのを感じるでしょう。

爪の根元も忘れないでください。健康な爪が生え、ささくれの予防になります。

ロクシタンハンドクリームも人気です。

光老化の予防

光老化とは、慢性的に紫外線にさらされた結果、皮膚が厚くごわついた状態になることで、加齢に上乗せした形で起こります。これを避けるには、手にも日焼け止めをこまめにつけ、UVカットの手袋をするなどの予防が必要です。

食生活から改善

アンチエイジングには食生活も大切

血行が悪いと血管が浮き出る原因になります。新陳代謝を良くして、血の巡りをよくしましょう。

ビタミンCは血液中のコレステロールの代謝促進、ビタミンEは血液中の塊を溶解し血流をスムーズにします。

善玉コレステロールを増やすパントテン酸はレバーなど多くの食品に含まれ、皮膚や粘膜の健康維持を助ける役割をします。暴飲暴食を避け、バランスのよい食生活を心掛けましょう。

年齢を感じさせない手に!

毎日のお手入れで、年齢を感じさせない手に

家事や仕事の合間、就寝前など、少しの時間でもハンドマッサージをすると目に見える効果があらわれます。アンチエイジングには毎日のケアがとても大切です。体の内と外からアプローチして、美しい手を目指しましょう。