眠れないのはスマホやPCのブルーライトのせい?目の疲れを癒す方法

最近は、スマホやPCでメールを確認したりネットで調べ物をしたりすることもずいぶん多くなりましたよね。でも、スマホやPCの明かりは、目に対しては大きな負担となります。特に就寝前にメールチェックなどをしていると、睡眠の妨げになることもあります。眠っているはずなのに、朝目覚めても疲れが抜け切れていないという人は、夜寝る前にPCやスマホのブルーライトを見ていないか確認してみましょう。

スポンサーサイト

ブルーライトが目に与える影響

目が疲れるのはブルーライトが原因かも
最近、睡眠時間はきちんととっているつもりなのに、疲れが取れていないと感じたことはありませんか。それはもしかしたら、スマホやPCなどから発せられる「ブルーライト」が原因かもしれません。

ブルーライトというのは、PC、スマホ、液晶テレビ、LED照明などから発せられる光の一種です。あらゆる光の中で、紫外線の次に強力な力を持つと言われていて、目に対するダメージが大きいとされています。

その疲れはブルーライトのせい?チェックしてみよう

PC、スマホのブルーライトが目の疲れの原因
目の疲れや体のだるさがブルーライトのせいなのか、チェックしてみましょう。

  • パソコンの前に座っていることが多い
  • PCやスマホを眺めていると、時々焦点が合わなくなることがある
  • 寝る前にメールやメッセージチェックは欠かせない
  • 枕元にいつもスマホやタブレットを置いている
  • 目が乾いてしばしばすることがよくある
  • 暇があるとスマホで時間をつぶしている
  • 寝起きでも身体がだるく感じることがある
  • 目の奥に違和感や不快感がある、目の奥が重く感じることがある
  • 寝つきが悪い
  • 4つ以上当てはまるものがあったら、その疲れはブルーライトの可能性が高いです。

    ブルーライトによる目の疲れに効く食品

    目の疲れにはポリフェノール
    ブルーライトは角膜で吸収されずに網膜まで届いてしまうため、網膜の機能低下に影響を与えることが分かっています。このような目のダメージに効果的なのはポリフェノールです。

    ポリフェノールは抗酸化作用を持つことで知られ、眼精疲労にたいへん効果的です。ポリフェノールを含み目に良い食品としてブルーべりは有名ですよね。ブルーベリーには豊富にポリフェノールが含まれていますが、最近になって、ブルーベリーの14倍ものポリフェノールを含む食心として注目されているものがあります。

    それは「マキベリー」と呼ばれるベリーです。マキベリーにはポリフェノールの一種「アントシアニン」が多く含まれています。これが働くことによって、ブルーライトで弱ってしまった目を回復させる効果が期待できます。マキベリーに着目して開発されたサプリメントもありますので、眼精疲労や肩こりに悩んでいる人は試してみるのも良いかもしれません。

    マキベリー配合のサプリメントはこちらから→【クッキリン】