今さら聞けないDHAとEPAの効果、健康に良いといわれる理由は?

青魚、DHA 健康的な食事

健康の秘訣として、DHAとEPAという成分の名前をよく耳にするようになりました。でもこの2つの成分、いったいどんな効果があるのか、よくわからないという人も多いと思います。これらが健康に良いといわれる理由について、調べてみました。

スポンサーリンク

そもそもDHAとEPAとは?

青魚、DHA

DHAとEPAは、どちらも青魚の脂肪に多く含まれる成分で、必須脂肪酸に分類されています。DHAもEPAも体内で作ることはできないでい分なので、外部から補う必要があります。

この2つは血液のサラサラ成分として注目されており、健康面や美容面でも高い効果を発揮することがわかっています。

特にDHAは不足するとアルツハイマー病やうつ病になりやすくなるとも言われています。

では、この2つの成分は実際にどのような働きをしているのでしょうか?

DHAの働きとは?

がん予防やエイジング効果も!スルフォラファンの効果

まず、血中のコレステロールを下げる働きがあります。

コレステロールを減らすことで成人病のリスクを防ぎ、動脈硬化がもとで起こる脳梗塞や心筋梗塞なども防いでくれます。

また、白血球の機能を正常にして免疫力も高めてくれるので、風邪やウィルスから身を守り、症状も緩和してくれます。

さらにアレルギーにも効果があるといわれており、花粉症に悩んでいる方にも是非オススメしたい成分です。

そしてDHAには、記憶力や理解力、判断力を高める効果もあるんだそうです。日ごろから補うことでアルツハイマーやうつ病のリスクから身を守ることも可能と考えられているんです。

EPAの働きとは?

ダイエットサプリの選び方

DHAとほとんど変わらずコレステロールを下げ、免疫力を高めていくことが可能なEPAですが、特に注目したいのは、中性脂肪を減らすことができる働きです。

EPAには、皮下脂肪や内臓脂肪を減らす効果があるため、血中の悪玉コレステロールを抑える効果も期待できます。

また、血液をよりサラサラに改善していくので、血栓の発生も防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞も予防することができますよ!

日ごろからDHAとEPAの摂取を心がけましょう

スルフォラファンの効果

DHAとEPAは体内で生成することができないので、外から補う必要があります。

そのため、積極的に青魚を摂取していきたいところですが毎日忙しく自炊が難しかったり、魚が嫌いな方は摂取するのも大変かと思います。

そんな時は是非手軽に補うことができるサプリメントで必要量をさっと摂取して、血液のドロドロ化を防ぎ、病気のリスクを減らしていきましょう。

日清食品DHA EPAサプリの口コミと評判

海外発!美容情報をお届けします

カナダから発信中!美容やダイエットの最新記事をメールでお届けします。登録は無料、解除もいつでもできますので、お気軽にご登録ください。

*登録後、確認メールが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてくださいね。

健康的な食事
スポンサーリンク
Hanaをフォローする
美人の秘密
トップへ戻る