日常生活でできる骨盤ケアの方法は?

ヨガ,アンチエイジング 女性の健康

骨盤の歪みは内蔵機能の低下や血行不良、代謝の低下など様々な体への影響を与えてしまいます。とはいっても、普通に日常生活を送っていても、気づかぬうちにゆがんでしまうのが骨盤でもあります。

骨盤の歪みを強制するには骨盤矯正や運動など様々な方法がありますが、できれば、簡単にできる方法で骨盤ケアできれば、こんなうれしいことはありませんよね。

そこで今回は、日常生活の中で、ただ姿勢を意識するだけで骨盤の歪みや開きを改善することができる方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

骨盤を意識した姿勢をキープして立つ

女性、運動、ウォーキング
電車を待つ時間、料理中や洗濯など何かをしている時、常に骨盤を意識した姿勢を心がけましょう。

普段から足を組んでいることが癖になっている方や、カバンを方にかけて肩が下がっている方、猫背や反り腰の方は骨盤が歪んでしまいやすいです。

そのため、まずはどちらか片方だけに負担がかからないようにきちんと両足、両肩に同じ負担をかけるように意識をし、骨盤を立てるようにして姿勢を正しましょう。

気づいたときに正しい姿勢を保つだけで、骨盤の歪みを整えていくことができます。

正しい姿勢で眠る

睡眠
眠っている姿勢は長時間同じ姿勢を続けるため、正しい姿勢をとることで骨盤の歪みを正していくことも可能です。

まずは仰向けになり後頭部、肩甲骨、お尻、かかとがついている状態を保つようにしましょう。

また、その姿勢のまま横向きになって、おでこから体のラインが一直線になっているかも鏡で確認してみてください。寝返りがコロコロとスムーズに打てるのであれば、骨盤の歪みの心配はありません。

眠っている時に何かを抱えていたり、横向きの状態で寝ている方は、少し注意が必要かもしれません。その場合、体の片側に負担がかかってしまったり、猫背気味になってしまうので、できるだけ仰向けを意識して睡眠に入りましょう。

同時に、自分に合った高さの枕やマットレスなどを選ぶことで、より効果的に正しい姿勢で睡眠をとることができます。正しい姿勢で寝ることは、質の良い睡眠を得るためにも効果的ですので、ぜひ意識してみてくださいね。

座るときは足を閉じて座ることが大切

オフィスでの腰痛対策におすすめなクッション
テレビを見ている時間やデスクワークなど、座っている時間も1日の中で多いと思います。その時間も、ちょっと意識するだけで骨盤の開きを改善していくことができます。

リラックスタイムになると、どうしても足が開いてしまう方は、股関節周りの筋力が低下し、骨盤を支える筋肉も少なくなってきている可能性があります。そのため、座っている間はきちんと足を閉じるように意識してみてください。

最初はなかなか思うようにできなかったり、すぐに足が疲れてしまう場合もあるでしょう。そのようなときは、ゴムベルトや柔らかい紐を使って両足をまとめて縛り、足が開かないようにするだけでも効果的ですよ。

 

骨盤ケアはまず姿勢の見直しから

ヨガ,アンチエイジング

日常的な姿勢をチェックするだけの骨盤ケアについて、まとめてみました。骨盤矯正に行くほどではないけど、骨盤ケアはきちんとしておきたい、という方には、こういったちょっとした意識付けがおすすめです。

毎日のことですが、少し気を付けるだけでできるようになりますので、ぜひ試してみてくださいね。

ヨガは老化防止にもいいって本当?ヨガとアンチエイジングの関係
運動嫌いの方でも気軽に行うことができるヨガは、多くの方が取り入れている人気の運動です。また、ヨガマット一つ分のスペースさえあればすぐに行うこともでき、特別な道具...

 

コメント

トップへ戻る